毎年冬が近づくと、手荒れをしてしまう人多いですよね。

手荒れを治したくて、ハンドクリームをたっぷり塗ったり、高価なハンドクリームを試したりするけど、あまり効き目がない・・・。

0df8b87c4f46de2906296a3d08843e1c_s_093018_125626_PM

もしかしたらそれは、ハンドクリームの使い方が間違っているからかもしれませんよ!

正しいハンドクリームの使い方をマスターして、今年こそガサガサ手荒れにサヨナラしましょう!!

ハンドクリームの正しい使い方

多くの人が、手荒れ防止にハンドクリームを使っていますよね。

では、顔のケアには何を使っていますか?

きっとほとんどの人が、「化粧水と乳液・美容液」と言うと思います。

洗顔した後、まずは化粧水で保湿しますよね。その後、乳液などで油分を補っていくのが一般的なパターンです。

実はハンドケアも同じですなんです!!

指先や手の平の水分が不足してカサカサ手荒れになっているので、その上からハンドクリームで油分だけをプラスしても、保湿効果は十分に得られていなかったのです!!

つまり、ハンドクリームの正しい使い方は「はじめに化粧水で水分を補給する」が重要だったのです!

化粧水で水分を補給する

普段から顔に化粧水を使っている人は、顔のお手入れの“ついでに”手にも化粧水をつけるだけで大丈夫。また、それがもったいないようなら、手用にお手頃な化粧水を用意してもいいですね。

ハンドクリームで油分をプラス

化粧水で水分を補給した後に、ハンドクリームの油分を補えば手肌もしっとりします。

ただし、ハンドクリームは適量が大切です。

ハンドクリームの量が少なくては、肌の摩擦が増えて逆効果となってしまうので、使用しているクリームの使用容量を守って使いましょう。

スポンサーリンク

ハンドクリームの効果をもっと高めるためには

ハンドクリームを効果的に使うには、まず化粧水で保湿することが大切ということが分かりました。

でも、毎年のように悩まされる“頑固な”手荒れには、ハンドクリームの効果を高めて使うことも大切です。

それは、「手肌を温めてからハンドクリームを塗る」です。

ハンドクリームを温めてから塗る

ハンドクリームには油分が含まれているので、寒いと固くなりやすく、また暑いと柔らかい状態になります。柔らかい状態のほうが、伸びが良く肌への浸透力も高まるので、ハンドクリームを温めてから使うと効果が高まります。

手に塗る時には、手のひらに適量のハンドクリームを乗せ、両手を擦るようにゆっくりと温めながら、手のひらや手の甲全体に伸ばす事で、柔らかくなったハンドクリームを浸透させることができますよ。

マッサージをして手を温める

女性は冷え性の人も多く、手荒れが増える冬場はどうしても手が冷たくなっていますよね。

ストーブやカイロはもちろんですが、ハンドマッサージをすると、血流が良くなり、手も温まりますよ。

f833fb3ad52ec57f0d4c3d3759c5ca28_s_093018_125820_PM

特に爪の両端を揉む「爪揉み」というマッサージは、血流UP、自律神経UP、免疫力UPと言われているので効果的です。※但し薬指は交感神経を刺激してしまうのでやめましょうね。

お風呂に入った時、電車に乗っている時など、ハンドマッサージを習慣にしてしまえば、手荒れも冷えも改善されるかもしれませんね。

夜と週末はペシャルケアを欠かさずに!

フェイスケアでも、集中的に保湿したいときにはパックをするように、ハンドケアにもパックは有効的です。

ただし、高価なパックを買う必要はありません!

自宅にあるもの、手に入りやすいものでも簡単なパックが出来るのでご紹介します。

ティッシュとポリ袋で化粧水パック

手肌をしっかり保湿したいときには、化粧水パックがおすすめです。

  • ティッシュを手の甲に乗せ、化粧水を万遍なくスプレーする。
  • ポリ袋で手の平全体を覆い、手首を軽くゴムで絞め10~15分おく。
  • パック後はハンドクリームを塗る。

寝る時には布製手袋パック

ハンドケア専用の手袋もありますが、100円ショップや業務用の布製手袋でも効果的です。

  • ハンドクリームを塗る。更に、オイルを塗ると保湿効果UP。
  • 手袋をして寝る。

(おまけ)“ついで”ハンドパック

手荒れの大きな原因に水仕事がありますよね。冬は億劫になりがちですが、その時間を有効活用して、ハンドパックできるんですよ。

  • ハンドクリームやオイルを塗って布製の手袋をはめる。
  • その上からゴム手袋をはめる。
  • 少し熱めの温度で食器を洗う。

ポイントは、少しお湯の温度を上げる事。

そうすることで、自然と手が温まり、ハンドクリームが浸透しやすくなりますよ。

最後に

手は意外と人から見られる重要なパーツですよね。

しかも、顔より年齢が出やすいと言われてしまう・・・。

簡単に出来るパックもあるので、しっかりケアして、今年こそ手荒れ知らずの“手美人”を目指しましょう!