せっかくあげたオヤツを、食べずにどこかに隠してしまう犬っていますよね。

隠した場所を忘れてしまって、ずいぶん時間が経ってから発見されることもあります。

d3cd5ca2d773a4de7b3b8cfd9c6591dc_s_073018_082218_PM

忘れてしまうくらいなら、その場で食べてしまえば良いと思うのですが、どうして隠すのでしょうか?

今回は、犬がオヤツやご飯を隠す時の気持ちについてお話をしていきます。

そして、その対策についてもご紹介しましょう。

隠す心理

取られたくない!

実は、食べ物を隠す行動というのは、殆どの動物に見られるものなんです。

ハムスターなどは、それが特徴となっていますよね。

その理由は、他の動物に餌を横取りされるのを防ぐためです。

同じような理由で、犬も食べ物を隠したりします。

隠す犬の多くは、多頭飼いされている場合が多いんです。

犬は社会性のある動物で、リーダーには絶対服従します。

リーダーにご飯を横取りされても、怒りません。

多頭飼いの場合は、自分と同じ立場の犬から食べ物を守ろうとしているのでしょう。

多頭飼いでないのに、食べ物を隠す犬もいます。

その場合の理由について、考えられるものを挙げていきます。

飼い主を、自分と同等に見ている。

他に犬がいない場合、飼い主から食べ物を守ろうとしていると考えられます。

これは、飼い主をリーダーとして認めていないとも言えます。

飼い主と犬の距離が近すぎると、こういったことが起こるようです。

例えば、飼い主が食事をする様子を犬に見せないなど、生活を分けている家の犬には、隠す行動は見られないようです。

飼い主の方が立場が上だということを、しっかり教えておきましょう。

スポンサーリンク

対策はあるの?

食べ物を隠した後、その場所を忘れてしまうことがあるようです。

すると、腐ってしまいますよね。衛生的に良くないので、やめさせたいものです。

でも、叱ってやめさせようとするのは、やめましょう。

犬にしてみたら、取られないために隠すのは当然の行動です。

どうして叱られるのか分からず、飼い主との信頼関係が悪くなる可能性があります。

対策としては、以下の事を試してみましょう。

ご飯を適量に

ご飯が、食べきれないほど多いのかも。

残った分は、どこかに隠して後で食べようとします。

ですから、食べ残したぶんはさっさと片づけてしまって良いでしょう。

気をそらせる

犬が隠そうとしているのを見たら、オモチャで気をひいてみましょう。

犬がこっちに来たら、隠そうそしていたものを交換するのです。

そうして、大袈裟に褒めてあげてください。

すると犬は、隠さずに飼い主に持って行けば褒めてくれる、と覚えます。

最後に

犬がオヤツやご飯を隠す行動についてお話をしましたが、いかがでしたか?

同居の犬がいない場合は、飼い主を自分と同じ立場だと思っているようです。

犬を飼う時に、主従関係をしっかり分からせておくのは基本です。

飼い主をリーダーだと認めれば、食べ物を隠すような事はなくなるでしょう。

一見、問題行動のように思えますが、愛犬との関係を見直すきっかけになりますね。