家の中で完結する趣味で、毎日楽しむことのできる熱帯魚ですが、なかなか始めるのにハードルが高いと思われています。

確かに、莫大な種類の熱帯魚がペットショップでは売られており、中には飼育の難易度が高い熱帯魚も存在します。

今回は、そんな数多くの熱帯魚の中から初心者でも飼いやすいものをいくつか紹介します。

ネオン・テトラ

もっとも有名な熱帯魚の一つで、カラシンと呼ばれる魚の仲間です。

パイロットフィッシュにも選ばれるくらい初心者向けの熱帯魚。ショップでもほぼ常時購入が可能です。

また、体に入った青色と赤色のラインは色鮮やかでとてもきれいです。

bece556c47b9994ff973df26e1cdacb0_s_060717_095124_AM

価格も一匹50円程度から手に入る場合もあり、群栄させるとその美しさは際立ち、水槽の主役として飼育するのもよいでしょう。

しかし、飼いやすい一方で、繁殖はかなり困難です。

グッピー

熱帯魚といえばグッピーと、いわれるほど有名な魚。

熱帯魚を飼っていない方でも、名前を知っている人がいるぐらい有名です。

また、様々な模様があり、一匹一匹違うので自分の好みの個体を探すのも醍醐味の一つです。

c1d1b5f4acd2846e5c12658bab738608_s_060717_095334_AM

ショップでの購入は、ほぼ常時可能です。

基本的には外国産と国産があり、外国産はだいたい200円前後から購入することができます。しかし、国産グッピーの場合は、日本で品種改良などが行われて市場に出回るものなので価格が高いので、慣れてからグッピーの魅力をさらに知るための購入することをおすすめします。

グッピーは、飼育も容易で繁殖もかなり簡単なのでぜひ挑戦してみましょう。

いずれは、自分オリジナルのグッピーを飼育するのもよいのではないでしょうか?

アルビノ・コリドラス

真っ白な体に赤いクリッとした目を持つ、とても可愛らしい低層魚です。

熱帯魚を飼い始めるときによく選ばれるコリドラスの一種で、コリドラス・アエネウス(赤コリドラス)のアルビノ種で白コリドラスと呼ばれます。

コリドラスは、主にほかの魚が食べ残し下の方に沈んだエサを食べてくれる掃除屋的な存在です。

赤コリドラスよりも、白コリドラスの方が丈夫で飼育しやすいといわれています。

とはいっても、赤コリドラスも十分丈夫ですので初心者におすすめです。

最後に

いかがだったでしょうか?

今回紹介した色鮮やかなグッピー、青と赤の鮮やかさが際立つネオン・テトラ。そして白いマスコットの白コリドラス。

これらをそろえて、あとは水草をチョイスすれば、きっと素晴らしい水槽が完成し、すばらしいアクアリウムライフを送ることができるでしょう。

是非、お気に入りのペットを見つけてみて下さい。