売られてしまう少女を救えず、「おなご一人救えない、やっせんぼじゃ」と自分の不甲斐なさを嘆く吉之助でしたが、西郷家もまた貧しい下級武士。

薬代も出せない一家は、借金をすることに…。また、藩主交代を目論む島津斉彬の企みも気になります。

第3回「子供は国の宝」は、どのような展開になるのでしょうか?

f3c30c0d70c3bf579a5831cc2643adfd_s_013018_112354_AM

前回の第2回「立派なお侍」を見逃した方は、是非こちらをどうぞ。

西郷どん 第2回「立派なお侍」のあらすじとネタバレと感想。

それでは、第3回「子どもは国の宝」のあらすじと感想です。

西郷家の借金

下級武士の西郷家は貧しく、加えて11人の大家族。吉之助(鈴木亮平さん)と使用人の熊吉(塚地武雅さん)は、山に入って猟銃で猪を仕留め、意気揚々と持ち帰ります。祖父と三男は、病で薬が必要ですが、西郷家にはお金がありません。

刀を売る、猪を売るなどしてお金を工面しようとする吉之助に対し、父・吉兵衛(風間杜夫さん)は借金をする決意をします。しかし吉之助は借金はやめてくれと、口論に。ご近所の大久保次右衛門(平田満さん)と大久保正助(瑛太さん)が、喧嘩を止めに入ります。つくづく反りの合わない親子です…。

吉兵衛は「こげな大酒飲みでうだつの上がらなん親父に、借金の当てなどありもはん」とこぼします。すると藩の重臣・赤山靭負(沢村一樹さん)が、借金の口利きをしてくれることに。

一方江戸では、島津斉彬(渡辺謙さん)が、、父・斉興(鹿賀丈史さん)を引退に追い込もうと、幕府の権力者・阿部正弘(藤木直人さん)に、密貿易や琉球出兵の偽りなど、悪事を記した書状を渡します。阿部は「貴殿が立ち上げるのを待っておった」と、書状を受け取ります。

明くる日、吉兵衛と吉之助親子は、赤山が紹介してくれた商人を訪ね借金を申込みます。商人はけんもほろろの対応ですが、吉之助は「お借りしたお金は、命に変えても父とおいとでお返しもす」と言って土下座します。

商人は「吉之助様はなかなかのご器量ち、お見受けしもす。必ずやお貸ししたもんは、お返しくださるはずでございもす」と言って、百両もの大金を貸してくれることになりました。記録では返済は明治以降まで続いたとあり、暮らしが楽になったわけでは無いようです。

ギラギラした目の少年

その帰りに、商人たちと揉める少年・半次郎(中村瑠輝人くん)と遭遇。彼は大人顔負けの剣術で、木の棒1つで商人を倒し、芋を持って走り去ります。少年は侍の家の生まれでしたが、父親が島流しにされて畑も取り上げられ、今は物乞い同然の生活をしているのだそう…。

借金した金で白い米を買い、西郷家の皆で味わいます。いつも骨を折って働いてくれる熊吉の実家にも、米を分けることに。熊吉の母・イシ(佐々木すみ江さん)は、泣いて喜びます。

熊吉の実家に泊まり、早朝目覚めると、大荷物でこそこそと歩く一家が。よくみると、あの半次郎とその家族です。彼らはもうここでは暮らせないと、脱藩するところでした。半次郎の母は「お願いです、どうか見逃してたもんせ」と土下座して頼みます。吉之助は「この半次郎のギラギラした目と、剣の腕を埋もれさせては惜しか」と、彼らを助けることを約束し、一度家に帰します。

半次郎はこの後、西郷の片腕とも言える、重要な人物に成長します。

子は宝

斉彬は、立て続けに3人の子を亡くしていますが、さらに三男を亡くし悲しみにくれます。天井裏を調べると、呪いの札が…。斉興の側室・お由羅(小柳ルミ子さん)の仕業ではと疑います。

吉之助は、夜逃げを手伝ったとして役所から咎めれられますが、やっていないと反論。赤山が「こん件、おいに預からせてくれ」と、吉之助をかばいました。

夜逃げを手伝ったのではなく、家に帰したことを説明し、嫌疑は晴れます。吉之助は赤山に、半次郎に畑を返せないかとお願いします。赤山は「分かった、おれがなんとかしてみる」と吉之助の気持ちを汲みます。「斉彬様が藩主になられる日も、そう遠くはなかろう。薩摩が変わる」と赤山が語ると、吉之助も大久保も、明るい未来を思い描きます。

お由羅騒動

その年の12月、阿部正弘は、薩摩藩・家老の調所広郷(竜雷太さん)を江戸に呼びつけます。密貿易と琉球出兵・偽りの件について問いただすと、調所は「これらは我が主とは関わりなきこと。密貿易は手前一人が仕組んだことです」と全ての罪を被ります。

その夜、調所は不正は自分の独断だと書き残し、毒を飲んで自害しました。主君を守る強い意志、まさに忠臣です。

怒った斉興は、斉彬派と思われる者を、切腹や島流しなど次々に処罰。総勢50名に及びました。この騒ぎは後に「お由羅騒動」として知られています。

吉之助と郷中仲間はこの騒ぎについて、こそこそと話し合います。そこに吉兵衛が帰宅。「おまんら、よう聞け。赤山様にも切腹の御沙汰が下った」と、赤山にも処罰が及んだことを伝えます。

次回、第4回は「新しき藩主」。

西郷どん 第4回「新しき藩主」のあらすじとネタバレと感想。

斉彬が薩摩藩主となり、薩摩の新しい時代が訪れる展開のようです。

赤山は本当に切腹となってしまうのでしょうか?

そして吉之助は新しい藩の中でどう活躍するのでしょうか?



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥11,064 (2019/11/14 06:59:56時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥11,716 (2019/11/14 06:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥11,372 (2019/11/14 06:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥15,163 (2019/11/14 06:59:58時点 Amazon調べ-詳細)