ジメジメした梅雨の湿気、夏の蒸し暑さ、エアコンの乾燥。これからの季節は、女性の肌にとって最も過酷な季節と言ってもいいでしょう。

「汗でベタつくので、さっぱりタイプのスキンケアにする」「紫外線対策をしているから大丈夫」

本当それだけで大丈夫ですか?

d23355e37b039b091120d68a4e81f49d_s_061018_105946_PM

夏のスキンケアを怠ると、空気が乾燥する秋冬には大きな肌トラブルを抱えることになるかもしれません!

そうならないためにも、夏のスキンケアのポイントを抑えておきましょう。

夏のスキンケアのポイントは3つ

最も過酷な季節だからこそ、いつもよりしっかりとしたスキンケアをしたいところ。とはいっても、高価な化粧品を買う必要はなく、大切なポイントを押さえておけば大丈夫です。

  1. 汗・皮脂対策:汚れをしっかりと取り除く
  2. 乾燥対策:肌のインナードライを防いでしっかり保湿
  3. 紫外線対策:強い紫外線から肌を守る

では具体的に、どのようにしていけばよいのか説明していきましょう。

夏場の汗・皮脂対策

夏場は汗を大量にかき、皮脂も多く分泌されるので、いつもより肌に汚れが残りやすい季節です。まずは、この汚れをきちんと取り除くことが大切なのです。

年齢とともに、肌の乾燥を気にして「夜はクレンジングと洗顔をするけど、朝はしない」という人も多いと思いますが、夏場は睡眠中の汗・皮脂汚れが肌に残っているので、朝も洗顔することをおススメします。

ただし、洗いすぎは肌ダメージのもと。皮脂を適度に残し、洗浄力の高い固形石鹸がおススメです。

もちろんゴシゴシこするのはNG。固形石鹸をしっかりと泡立てて、優しく顔を包むように洗いましょう。

また日中も、汗をかいた時には、放置せずこまめに拭き取ることが大切です。

拭き取ったハンカチやタオルも、同じ部分ばかりを使っていると、ハンカチについた汚れがまた肌に戻ってきてしまうので、清潔なハンカチでこまめに汗を拭きましょう。

スポンサーリンク

インナードライを防いでしっかり保湿

夏場は汗をかいているので、肌表面はしっとり潤っているように感じますが、実は乾燥していることが多いのです。

エアコンによって空気が乾燥している場合や、汗をかいて肌内部の水分がどんどん蒸発してインナードライを引き起こしている場合があるのです。

肌の乾燥を防ぐにはしっかりと保湿することが大切ですが、古い角質や汚れが肌に残っていては、化粧水は内部まで浸透しません。まず大切なのは、しっかりと汚れを取り除き、その後しっかりと保湿をしましょう。

でも暑い夏は、洗顔直後やお風呂の直後も汗をかいてしまうこともありますよね。

そんな時は、水で濡らしたタオルを顔にのせて汗を抑えたり、いつもの化粧水を冷蔵庫で冷やしてから肌にのせたりすると、ひんやりと気持ちが良いですし、毛穴も引き締まって化粧ノリも良くなります。

また、毛穴の開きやオイリー肌の人向けの収れん化粧水を、いつものお手入れにプラスするのもおすすめです。

収れん化粧水は、毛穴の開きを抑えるので化粧崩れも予防できます。夏場だけ、洗顔直後に収れん化粧水を使い、その後はいつものお手入れでOKです。

紫外線対策

「夏はしっかりと紫外線対策をしているから大丈夫!」と思っている方、本当に大丈夫ですか??

実は、紫外線量が最も高いのは、6月なのです!

そして、まだ肌寒い3・4月はもちろん、秋を感じる10月の紫外線量も侮れません。つまり、紫外線対策は年間を通して行うのが最も理想的なのです。

とはいっても、夏はマリンスポーツの機会も増えますし、強い日差しを何とかしたいもの。

夏場の紫外線対策のポイントは、

  1. 日焼け止めを2~3時間おきに塗り直して使う
  2. 日傘・サングラス・帽子・ストールなどを使う

の二つです。

汗や皮脂で日焼け止めの効果が薄れてしまうことがあるので、出来るだけこまめに塗り直しましょう。

また、SPFもただ高いのを使えばよいというものではないので、以下の数値を参考にして適切に使いましょう。

  • 日常生活の紫外線対策に適しているのは、SPF20PA++
  • 屋外の軽いスポーツやレジャーは、SPF30PA+++
  • 炎天下でのレジャー、マリンスポーツなどは、SPF50PA++++

紫外線対策をしていても、予想以上に日焼けしてしまうこともありますよね。

そんな時は、その日のうちにきちんとケアをすることが大切です。

日焼けは軽い火傷ですので、まずは冷やしてからしっかりと保湿をしましょう。

最後に

夏は肌にとって最も過酷な季節ということが分かりました。

秋冬の美肌のためにも、夏のスキンケアの3つのポイントをおさえて、しっかりとケアしていきましょう。