ゆったりとした動きが魅力のカメ。

水に棲むカメと陸に棲むカメがいますが、どちらもペットとして人気が高いです。

ところが、飼育を始めたものの、どんどん体が大きくなり飼いきれなくなる人も!

a0447f76830755a8cf1d49ddd1f1b3e6_s_121518_114634_AM

TVでも話題になっていますが、池に逃がしてしまう飼い主さんも多いようです。

そんな事にならないよう、カメをお迎えする時にはしっかりと種類を調べる必要があります。

そこで今回は、飼育やすいカメをいくつかご紹介してみたいと思います。

25cm以下のカメを集めてみました。

水棲ヌマガメ

クサガメ

ニホンイシガメと同様に、子供の頃はクサガメと呼ばれます。

日本や朝鮮半島、台湾、中国に分布しており、河川や池、湖などに生息しています。

甲羅の大きさは、15~25cm。日本産では、メスが25cmくらいにまでなります。

クサガメという名前は、足の付け根にニオイを出す腺があることからつけられました。

雑食で、魚や昆虫、ザリガニ、水草などなんでも食べます。

人に懐きますが、臆病なところがあります。

ニホンイシガメ

日本の固有種で、子供の時はゼニガメと呼ばれます。

関東以南の河川や沼、水田に生息。

甲羅の大きさは、8~21cm。オスの方が小さいです。

飼育する時は、皮膚病に気をつけましょう。

キボシイシガメ(イエロースポットタートル)

甲羅に黄色の水玉模様がたくさんあり、観賞価値の高いカメです。

アメリカ北東部やカナダ南東部の、河川や湿地帯に生息。

甲羅の大きさは13cmです。

飼育する時は、水質に気をつけましょう。カルキ抜きをする必要があります。

ノコヘリマルガメ

インドネシアやマレーシア、インドシナに生息。水中と陸上を行ったり来たりして暮らしています。

甲羅の大きさは24cm。

平たい甲羅のヘリは、ノコギリのように大きくギザギザになっています。

人に懐きやすく、丈夫なのが魅力。

陸棲ヌマガメ

ミツユビハコガメ

アメリカ中央部の森林や草原に生息。甲羅の大きさは12~18cm。

名前の由来は、後ろ脚に爪が3つあること。甲羅には帯状の模様が入っています。

マレーハコガメ

マレーシア、インドネシアに生息。甲羅の大きさは20~25cm。

雑食性です。飼育の際には、配合飼料以外に野菜・果物も与えることをおすすめします。

陸場を多くし、1/4くらいの水場を設けましょう。

最後に

水棲ヌマガメと陸棲ヌマガメの中から、比較的体が大きくならないカメをご紹介してみました。

参考になったでしょうか?

水棲ヌマガメは、生活のメインが水中ということもあり水質に敏感です。

いくら飼育しやすいと言っても、こまめな水替えは必要でしょう。

お世話に時間が取れない場合は、カメは向いていないかも知れません。

また、カメは長寿だということも、飼育を考える時に考慮する点ですね。

私もカメを飼っていますが、手から餌を食べてくれるようになりました。

懐くと、とても可愛いですよ。