これからの季節、どんどん日差しが強くなっていきます。

そこで気になるのが、紫外線よる「日焼け」です。

fbe53558b387a2f5e9cf1ced2777d928_s_072018_072916_PM

近年では紫外線が徐々に強くなり、曇りの日でも日焼けをしてしまうので注意が必要です。

今回は、日焼けに対策について、調べてみました。

紫外線の種類と肌に与える影響

紫外線には、UVA・UVB・UVCの3つの種類が存在します。

その中で一番怖いのが、UVAと言われる紫外線です。

UVA(A波)

UVAは地上に届く紫外線の95%を占めていて、室内にいても窓ガラスを突き抜けてしまい、肌に大きなダメージを与えます。

肌の表面だけではなく、奥深くまで届き、シミ、しわ、たるみ原因になります。

UVAのダメージの特徴として、肌表面の赤みや炎症がみられないため、UVAによる肌への悪影響に気づきにくいので注意が必要です。

数年後にシミ、しわ、たるみによってあらわれるので、手遅れにならないためにも日頃から日焼け対策(UVA対策)をしましょう。

UVB(B波)

地上に届く残りの5%が、このUVBです。

UVAと比べ波長が短いため、窓ガラスを通り抜けることや肌の奥深くまでダメージを与えることは、ほとんどありません。

しかし、UVBに長時間当たることで肌表面が炎症を起し、赤くなるといった症状があらわれます。

日焼けをしてしまった場合は、患部を冷やし化粧水でしっかりと保湿を行いましょう。

UVC(C波)

細胞を破壊してしまうUVCは、地上に達することはありません。

スポンサーリンク

日焼け対策を始める時期

日焼け対策は、いつ頃から始められていますか?

日差しが強く感じる7月頃から、始められる方が多くいらっしゃいます。

日焼け対策は、冬でも夏の半分~3分の1の量の紫外線が地上に降り注いでいるため、一年中行うのが理想ですが、最も紫外線の強い時期は5月~8月です。

5月になる前から、日焼け対策をすることをおすすめします。

乾燥肌の方や敏感肌の方は、紫外線の影響を受けやすいので、特に注意が必要です。

日焼け対策の方法

  • 日焼け止め(SPF・PA指数が高いもの)
  • 日傘(UV加工、傘の内側の色が暗いもの)
  • 帽子(つばの広いタイプ)
  • サングラス(UV加工)
  • 衣類(アームカバー・ストールなど)
  • 食事、サプリメント(ビタミン摂取)

日焼け対策の方法は、沢山あります。

シーンにあった、日焼け対策を行うようにしましょう。

最後に

日焼け対策は、女性が行うというイメージがありますが、男性にもおすすめします。

紫外線による悪影響は肌の老化だけではなく、紫外線に当たり続けることで「がん」の発症リスクを高めてしまいます。

間違った日焼け対策や、UVAによる気づかないお肌へダメージに十分に注意してください。

日焼けをしてしまった場合は、ケアをしっかり行い、これからも若々しいお肌を保ち続けましょう。