最近では、家電用品の空気清浄機にPM2.5と書かれているものを、目にすることが多くなりました。

少し前にPM2.5について、ニュースなどで騒がれた事を覚えているでしょうか

ff8cf0066f4bf81953f4d1e096261116_s_060417_041924_PM

中国の大気汚染の問題が深刻になり、その影響は日本にも出てきているとのことでした。

しかし、PM2.5についてよく知っている人は少ないのではないでしょうか?

と言うことで、今回はPM2.5について、まとめてみました。

PM2.5について

環境、大気汚染は、人体に悪影響を及ぼすとされています。その中でPM2.5は、特に問題にされました。

PM2.5は、目見えない非常に小さな粒子のことを言います。

わかりやすく言うと、普段の生活で有毒な物はタバコの煙です。タバコの煙が部屋の中でこもった状態で生活することを想像すると、どれだけ有害なのか分かります。しかし、タバコの煙のように匂いなどがないのがPM2.5です。

また、昔、日本で物を燃やした時に排出される有害物質がPM2.5として問題になりました。そのため、日本では厳しく規制されることで、対策が行なわれています。しかし、中国では規制されていないため、非常に深刻な問題なっています。

スポンサーリンク

PM2.5の症状は?

PM2.5の粒子が非常に小さな粒子なので、肺の奥深くまで入り込みやすくなります。そのため、喘息や気管支炎など、呼吸器系疾患のリスクが増えます。

喘息持ちの人は症状が悪化し、アトピーの人は痒みが増してしまいます。特に持病持ちの人や、子供、老人は影響を受けやすいとされているので、注意が必要です。

健康な人でも、目のかゆみや充血、くしゃみや鼻水、咳や喉の痛みなどの症状が現れます。

スギ花粉が飛散する時期にはPM2.5の濃度が低くても、花粉症の人は影響を受けやすくなります。

そのため、花粉と同時にPM2.5の症状が一緒に出ることで、とても辛い時期を過ごすこともあります。

PM2.5の対処法は?

ニュースでも対策として、聞くことが多かったのがマスクです。

現在では、PM2.5に対応されているマスクも多くでてきました。外出時には、体内に少しでも取り込まないためにも、マスクで口と鼻を覆うことが必要です。

室内での対策として、最も重要なのが空気清浄機です。マスクと同じように、空気清浄機もPM2.5対策を強化されている商品が多くなりました。

中でも優秀と言われているのが、スウェーデンメーカーの「ブルーエア」です。国内メーカーのように、加湿機能やイオン発生などを付加されていないのが特徴です。しかし、他のメーカーと違い、優れた空気清浄機能があります。そのため、室内対策としては、オススメです。

最後に

PM2.5は目に見えないために、忘れがちですが、飛んでいないということではありません。

そのため、身近で出来る対策が、健康な身体でいられるためには重要になります。

特に、子供がいる家庭では、気になる人は多いと思います。

できる範囲の対策を取ることで、子供に症状が出ないようにしてあげましょう。