夏と言えば、トマトと言うくらい、無性に食べたくなりませんか?

スーパー等でも、比較的安く売られているので、サラダや付け合わせにと、夏場の消費量は、多くなりますよね。

時期になると、家庭菜園用にホームセンターには、様々な種類の苗が並びます。

ミニトマト位ならベランダ、大きなトマトもプランターでできるので人気ですよね。

そんなトマトですが、妊婦さんは控えた方が良いと言う噂もありますが、本当なのか等、今回は、トマトの栄養を知りつつ、注意点をまとめてみました。

トマトについて

トマトは、なんとナス科だという事を知らない人も多いでしょう。

トマト_071216_031548_PM

栽培していると、あー何となくそうかも、って思うはずですよ。

原産地は南米で、その後ヨーロッパを経て江戸時代に日本に入って来たそうです。

元々は、観賞用として知られていましたが、昭和になってから食用されるようになったという事なので、比較的新しい野菜なんですね。

トマトの栄養価は?どんな美容効果があるの?

ヨーロッパでは、昔から「トマトのある家に胃腸病なし」と言われていて、それほど薬効成分に優れていると言う事ですね。

トマトの酸味は、クエン酸なのですが、疲労回復はもちろん、消化液の分泌を促してくれるので、タンパク質や脂質の消化に活躍してくれるのです。揚げ物等の付け合わせにするのは理にかなった事なのですね。

また、ビタミンAの働きにより、胃の粘膜を保護してくれるので胃痛を防いでくれるのです。

トマトと言えば、赤い色素成分のリコピンが代表的な栄養価で、赤いトマトに含まれています。

抗酸化作用があり、活性酸素を排除してくれる働きがあるので、ガン予防に効果があります。

他にも、まだまだありますよ。

利尿効果があるカリウムは、体内のナトリウムを排出してくれるので、ダイエットはもちろん、むくみ防止や血圧を下げる効果があります。

血管を丈夫にしてくれるケルセチンは、動脈硬化や心疾患の予防にもなるのです。

美容効果としては、やはり、リコピンが大活躍してくれます。その抗酸化作用で老化防止をしてくれるのです。

さらに、コラーゲンを増やす働きがあり肌のハリと潤いを与え、シミ、シワ、タルミ等を防いでくれるんですよ。

スポンサーリンク

妊娠中の注意点

さて、妊娠中にトマトは体に良くないという噂を耳にします。

それは、全くのデマですのでご心配なく。

恐らく、トマトに含まれる栄養素のビタミンAが問題とされていると思うのですが、確かに、ビタミンAを摂取しすぎると胎児に影響が出ると言われています。

でも、その種類により、問題なのは動物性のビタミンAであり、トマトなどの野菜に含まれているビタミンAは、全く問題ないのです。

摂りすぎたと言っても、尿として排出されるので大丈夫なのです。

また、妊婦さんには、トマトにも含まれている葉酸も良くないと言われてはいますが、よほどの量を食べなければ大丈夫です。

そのよほどとは、中くらいのトマトを1日に20個以上程です。常識の範囲なら全く問題ないというわけですよ。

ただ、注意しなければならない点もありますよ。

トマトを食べる際に、ドレッシングや塩をかけて食べる人もいるでしょう。

トマトそのものよりも、それらの塩分の方が気になりますので、控え目にしましょうね。

また、生野菜には、トキソプラズマという菌が付着している場合があるので、しっかり洗って食べた方が良いですね。

トマトに限らず、夏野菜には、体を冷やす成分があるので、特に妊婦さんは、その点には注意しなければなりません。

最後に

さて、トマトの優れた栄養価や効果はいかがでしたでしょうか?

早速、試して結果を出したいところですよね。

私も、そうですが体に良いと聞けば、なんでもたくさん食べたくなりますが、効果は同じだと思いますよ。

かえって、お腹をこわすことにもなりかねませんので、適度に頂きましょうね。