ペットショップに行くと、よく見かける動物の一つがうさぎです。ペットとしての人気は、犬や猫に負けていません。

様々な種類のうさぎが、日本中でペットとして飼育されているんです。

b6a577e76bc24d1a0b53a14ae0867483_s_010219_052243_PM

そんなうさぎの種類、実は120以上もあるそうです。これを聞くと、一体どんな種類のうさぎを飼えば良いのか、不安になりますよね。

そこで今回は、ペットとして人気の高いうさぎを5種類ご紹介いたします。

ネザーランド・ドワーフ

ピーターラビットのモデルとして有名になった種類です。

ドワーフという言葉の通り、小柄なうさぎです。オランダで品種改良をした種類です。

大人でなんと1kgしかありません。体の大きさは25cmですから、かなり小さいですよね。

性格はフレンドリーで活発です。飼い主に対して愛情を抱く様子は、まるで犬や猫のよう。

抱っこを嫌がらない子が多いので、スキンシップを楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

ロップイヤー

垂れ下がった耳が印象的な、ロップイヤー。スペインのアナうさぎを改良して出来た品種です。

とても頭が良いので、遊ぶのが大好きです。ケージのような狭い場所にいるとストレスが溜まりますので、毎日最低10分は出してあげるようにしましょう。

何日も閉じ込めた後にケージから出すと、嬉しさのあまりテンションが上がり過ぎて、カーペットをボロボロにする程遊んでしまう事もあります。

耳が垂れているのがチャームポイントなのですが、ゴミが溜まりやすいという短所もあります。

ですから、飼い主が耳掃除をしてあげないと汚れていってしまいます。

自分で耳掃除をするのが心配な人は、獣医さんにやってもらうと良いでしょう。

パンダウサギ

オランダ原産のうさぎで、白と黒のカラーが特徴。ここから、パンダウサギと呼ばれるようになりました。

とても人懐っこくて飼育しやすいので初心者にも安心、日本でも昔から親しまれてきた種類です。

ペットとしての歴史は、1960年頃から。うさぎを室内飼い出来るということで、大流行したようです。

大人になると、ネザーランドドワーフより少し大きくなります。体重で言うと、1.5~2.5kgくらいです。

チンチラウサギ

チンチラという動物によく似せて改良された、チンチラウサギ。

モコモコした毛皮は美しく、昔は毛皮にされていた事もあったようです。

チンチラウサギには、スタンダード・ジャイアント・アメリカンの3種類があります。

どの種類も頭が良いのが特徴で、飼い主の声を聞き分ける事が出来るそうです。

アンゴラウサギ

衝撃的な程、毛の長いうさぎです。毛の質は柔らかく、撫でていてとても気持ちが良いです。

セーターや帽子などに利用されたりもしますが、被毛を採取する時のやり方が残酷なため、中国製のアンゴラを使用中止するブランドが増えています。

毛は15cmくらい伸びる事があるので、カットしないでおくと顔が完全に隠れてしまいます。

大人になると体長約40cm、体重3kgくらいになります。

大人しい性格をしていますが、人懐っこくフレンドリーな性格の子もいるようです。

最後に

今回は、ペットとして人気が高くおすすめのうさぎを5種類ご紹介しましたが、いかがでしたか?

どれもペットショップで見かける事が出来るうさぎですので、入手方法には困らないでしょう。

うさぎも種類によって性格が違いますので、今回ご紹介した以外のうさぎを飼う時でも、きちんと把握してから決めると良いでしょう。

うさぎも、犬や猫と同じく愛情を持って接すれば、ちゃんと応えてくれますよ。