七五三の始まりは徳川綱吉

三歳、五歳、七歳と、お子さんがその年齢になったら成長をお祝いし、神様に感謝する七五三。

その始まりは、徳川綱吉が子供の成長を、11月15日に祈願したことから、その日が七五三参りの日とされているようです。

しかし、11月15日が休日とは限らないため、幼稚園や学校、お仕事の都合などで、10月や11月の土日祝日にお参りされる方が増えているようです。

待ち時間も少ない早撮りキャンペーン

七五三は、神社でお祝いすること、そして、お子さんの晴れ姿を写真に収めることが大切なポイントでしょう。

お参りと写真撮影を同じ日にしようと思われているかもしれませんが、お子さんは着慣れていない衣装で疲れてしまうし、ご両親も大忙しになってしまいます。

神社も写真館も混んでいて、待ち時間ばかり長くては、どっと疲れてしまうでしょう。

せっかくの晴れ姿は、きれいな姿で収めたいものです。

写真館やスタジオでは、早撮りキャンペーンを企画されていて、11月より以前に写真撮影を済ませると、特典がたくさんついてきます。

s-七五三キャンペーン早撮り_091717_054421_PM

例えば、パパとママの撮影用着物がレンタル無料だったり、着物のレンタル料が割引になったりします。その他にも、カードや写真がプレゼントされたり、アルバムを購入すると、使用データがプレゼントしてもらえるなど、特典が数多くついてきます。使用データは、その年に作成する年賀状の写真にも使用できるので、とっても便利でしょう。

また、11月にお参りする際にも衣装が無料で借りられたり、割引されるサービスもあるようですので、利用すれば衣装を悩まずに済みそうです。

早撮りキャンペーンで注意したいこと

お子さんの衣装代はもちろん、それに合わせた髪型などのセット料金なども、キャンペーンの中に含まれていることがほとんどです。

しかし、大人の衣装、兄弟や姉妹の衣装や髪型セットなどは含まれていない場合もありますので、準備や予約が必要ですので確認しておきましょう。

また、早撮りの予約時期にも注意が必要です。夏休みなどに予約している場合は、真っ黒に日焼けしてしまっているということです。七五三は11月ですから、写真で日焼けしているお子さんは、ちょっと違和感があるでしょう。

夏休みの早い段階で撮影を済ませておく方が、安心かもしれません。

そして、写真を撮ったことで安心せず、参拝する神社にご祈祷の予約をしたり、会食のお店を予約することをお忘れなく。

最後に

神社への初穂料の他にも、衣装代や写真撮影料、お祝いの会食など、七五三にかかる出費は予想以上かもしれません。しかし、人生で三歳、五歳、七歳は一度きりです。

きちんとお祝いし神様に感謝し、良き記念日となるようにしてあげましょう。

混んでるしお金もかかるから…と、簡単に済ませず、早撮りキャンペーンを上手に利用したり、衣装や会食などで贅沢しすぎなければ、出費を抑えられるでしょう。