ため池などでひしめき合って咲いている、小さな白い花が「ガガブタ」です。

ガガブタなんて、ちょっと面白い名前ですよね。

面白いのは名前だけでなく、よく見ると花もちょっと変わっているんですよ。

2859227_s_062420_113701_PM

真夏に咲く白いガガブタの花は涼し気で、自分で育てている人も多いようです。

ここでは、そんなガガブタの特徴と育て方を紹介いたします。

ガガブタって、どんなな植物なの?

ミツガシワ科アサザ属に分類される、多年生の水草です。

東南アジアやアフリカに分布しており、日本では本州以西に生息しています。

浅い池や沼など、水が溜まっている所に群生しています。

葉っぱは水面に浮いており、大きさは5~20cm。

7~9月の一番暑い時期に、1.5cmほどの小さな白い花を咲かせます。

モシャモシャと毛のような物がビッシリくっついており、見た目が独特です。

増え方が独特で、たった一枚の葉っぱからでも増えます。

水面に浮かべた葉っぱから、まるでバナナのような殖芽を伸ばして増えます。

間単にどんどん増えていくので、初心者でも安心して育てられます。

ガガブタの育て方

水だけでも育ちますが、ここでは鉢植えにして水に沈める方法を紹介いたします。

まず、4号以上の鉢を用意して赤玉土を入れます。

そこにガガブタの苗を植えたら、肥料(水生植物用の純正IB化成や発酵油かすなど)を入れます。

その鉢ごと睡蓮鉢などに溜めた水に沈め、葉が水面に浮くように水位を調整してください。

上手に育てるポイントは?

ガガブタを元気に育てるためのポイントは、次の通りです。

  • お日様が好きな植物なので、半日は日が当たる場所に置きましょう。
  • 夏場は水の蒸発が速いので、水が減ったら継ぎ足してください。葉っぱがいつも水面に浮いているようにします。
  • 肥料を与え過ぎないように。根腐れを起こす場合があります。

冬越しの方法

ガガブタは寒くなると休眠します。

寒さに強いので、寒冷地以外では屋外でも越冬出来ます。

冬には、枯れたように見える状態になりますが、水を絶やさないようにしましょう。

肥料は与えずに、そっと春を待ちましょう。

春になって生長が盛んになると、根が込み入ってきます。

その場合は株分けをしましょう。

子株をガラス容器などに入れると、お洒落なインテリアにもなりますよ。

最後に

とても丈夫で増えやすく、池や沼に群生するガガブタですが、近年は水質の悪化により生息場所が減っているようです。

もし庭に池を再現したいと思ったら、ガガブタを育ててみるといいかも知れません。

私も以前育てていましたが、増え過ぎて知人に分けたりするほどでした。

こんなに丈夫なガガブタが生息出来ないって、ちょっと怖い気もしますね。

水草初心者の人も簡単に育てられるので、興味があったら是非挑戦してみて下さいね。