人気の犬種どうしを交配させて作られた、ミックス犬「ラブラドゥードル」。

その見た目はとても可愛らしく、まるでぬいぐるみのようです。

51b323f63468b2ddfdd1adce113d9fc8_s_122618_015045_AM

大型犬を親に持つこのミックス犬は、犬アレルギーの人向けに作られた品種だそうです。

今回は、ラブラドゥードルについて、性格や特徴をご紹介していきたいと思います。

ラブラドゥードルについて

ラブラドールレトリバーとプードルを交配。

ドゥードルとも呼ばれており、ここ最近とても人気が出てきているミックス犬です。

ミックス犬とされているのですが、日本オーストラリアン・ラブラドゥードル協会では、血統が明確にされているそうです。ラブラドゥードル同士での交配がされていたりして、完全なミックス犬とは言えない感じもあります。

いずれ、犬種として認められる日が来るかも知れませんね。

どんな性格をしているの?

個体差は勿論ありますが、温厚な性格の子が多く、とても社交的です。

人間に対してフレンドリーなので、買いやすいと言えるでしょう。

両親であるラブラドールレトリバーとプードルは、どちらも非常に賢い犬種です。

ラブラドゥードルも賢くて、しつけに苦労しません。

ですが、あまりにも賢いので、しっかりと序列を把握させないと大変ですよ。

飼い主を下に見ると、様々なイタズラをするようになってきます。

ラブラドゥードルの毛について

ラブラドゥードルの毛のカラーは、次の8タイプあります。

  • ブラック
  • クリーム
  • アプリコット
  • ゴールド
  • シルバー
  • レッド
  • カフェ
  • ブラウン

これらの他に、白い毛が50%混ざるアブストラクトや、先端が黒くなるセーブル、縞模様になるプリンドルと呼ばれるものもあります。

非常に個性豊かなカラーバリエーションなので、自分好みの子を探す楽しみが大きいですね。

毛は短くてカールしている場合や、毛が長くてウェーブしている場合もあります。

最大の特徴は、抜け毛の少なさ!これはプードルから受け継いだ特徴です。

アレルギー体質の人でも飼育しやすいと話題になっています。

確かに、毛と一緒にアレルゲンが舞い上がる心配は少なくなります。

ですが全くアレルギー反応が出ないという保証はありません。

やはりアレルギー体質の人は、慎重に飼育するかどうかを検討する必要があります。

最後に

ラブラドールレトリバーとプードルを親に持つミックス犬、ラブラドゥードルについて、性格や特徴をお話しましたがいかがでしたか?

抜け毛が少ないのが特徴ですが、トリミングや毎日のブラッシングは必要です。

また、アレルギーが絶対でないという事ではないので、誤解しないようにしましょう。

寿命が10年くらいで、他の犬種に比べて短い方です。

この点もよく考慮して、飼育を決めるようにしましょう。