咳が続いてしまう気管支喘息

風邪をひいていないのに咳が続いていたり、風邪をひいてしまうと、なかなか咳が治まらなかったり…。

季節の変わり目など、お子さんの咳が続いていたりしていませんか?

s-台風低気圧喘息_090317_105208_AM

その時期は、台風が発生したり雨が続いたりと、ハッキリしないお天気の時が多いでしょう。

気管支喘息は、台風や低気圧の動きなども関係しているようで、身体の血圧が上がり毛細血管が活発になります。また、気道の血管も狭くなってしまうので、呼吸がしにくくなってしまうのでしょう。

気候の変化は、自律神経にも影響しているようで、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなるからとも言われています。

気管支喘息の症状は人それぞれ

子供の気管支喘息の場合は、発作が起きてしまわぬように、体調をコントロールしておくことが大切でしょう。

気管支喘息にはさまざまな症状があるようで、息苦しさ、あるいは咳やたん、その他には喉の痛みや息苦しさ、胸の痛みなどがあるようです。

咳の症状が出てしまうと、激しく咳き込んでしまい、吐きそうになったり、ひどい場合は失神してしまう症状もあるようです。また、夜はなかなか寝られないお子さんもいるでしょう。

気管支喘息と、胸や肺の病気は症状が似ていることもあるようです。いつもの症状と違っているようなときは、診察を受ける必要があるのでしょう。

お子さんが咳き込んでいる時期に注目!

気管支喘息が悪化してしまう原因としては、梅雨の時期や天候に関係していたり、台風や低気圧の影響、気圧の変動や、突然の豪雨や雷のときなど、引き起こしてしまうタイミングなども人それぞれで、さまざまあるようです。

そして天候以外にも、夏の時期に増えたダニの死骸が秋になると舞ってしまい、そのダニの死骸を吸入してしまい気管支喘息が悪化してしまうともいわれています。

お子さんの体質が、何に影響されてしまい、どんな状況のときに咳が出てしまうのか。その原因をきちんと知っておくことで、気管支喘息の予防や悪化を防ぐことにもつながるでしょう。

最後に

気管支喘息はお子さんだけではなく、大人にも現れる症状です。

身体が弱って体力が落ちているときなどは、風邪が悪化してしまい、気管支喘息の症状が現れてしまう場合もあるようです。

お子さんの場合も同じで、風邪をひいてしまうと、気管支喘息の症状も悪くなってしまうでしょう。

ウイルスから出る物質が、気道の炎症を活性化させてしまうのが原因のようです。

それ以外にも、タバコの煙や、疲労や科学的な臭いなどでも悪化してしまうそうなので、天候以外にも注意が必要で、の日常生活の中でも注意しましょう。