大きな瞳とフワフワの毛並みが魅力の猫は、昔からペットとして人気ですよね。

体はそれほど大きくならず、散歩に連れて行く必要も無いので、最近では犬を上回る人気ぶり。

s-0493_猫_021120_031152_PM

そんな猫を「飼ってみたい」と思っている人は、たくさんいるのではないでしょうか?

飼い始める時に気になるのが、必要となるお金ですよね。

そこでここでは、猫飼育に必要な初期費用や医療費についてお話をしていきます。

猫を飼育する時に必要な、初期費用はいくら?

初期費用としてまず考えなくてはいけないのが、猫そのものの金額です。

品種は購入先によって、金額には数万~数十万円の差が出て来ます。

ペットショップで見る金額は、最低でも大体5万円くらいですね。

ちなみに我が家の猫達は、里親募集サイトや河原で見つけた子なので、購入金額というものがありませんでした。

里親募集サイトで探すと、無料の場合が多いですよ。

ワクチンも済んでいたりするので、初期費用があまりかかりません。

次に考えるのが、必要な道具の費用ですね。

メーカーによって随分差がありますが、平均的な金額を書いていきます。

  • トイレ&トイレ砂 4000円
  • キャリーケース  5000円
  • 爪とぎ      1000円
  • エサ入れ&水入れ 500円
  • エサ        500円
  • ケージ      5000円

とりあえず、これくらい揃えておけば大丈夫でしょう。

大体の金額ですが、道具代を合計すると16000円になります。

ケージは様々なタイプがあります。

子猫から飼育する人が多いと思いますが、成猫の場合は大きめのサイズを用意しましょう。

これに加えて、去勢・避妊手術や混合ワクチン接種が必要となります。

去勢・避妊手術は、繁殖し過ぎるのを防げますし、猫自身のストレスも軽減されます。

病院によって手術料金は違いますが、15000~30000円が相場のようです。

混合ワクチンは、種類や病院によって違います。

動物病院に問い合わせてみましょう。

我が家の場合は、ワクチンと健康診断(血液検査)で10000円くらいです。

全部合わせると、56000円くらいですね。

created by Rinker
ニャンとも清潔トイレ
¥1,680 (2020/07/08 21:03:52時点 Amazon調べ-詳細)

1カ月にかかる費用は、いくら?

エサやトイレの砂は、買い足していく必要があります。

エサ代は、大体3000円くらいでしょう。

あまりにも安価なエサは、健康に悪影響があったりするので注意が必要です。

ちなみに我が家では、ピュリナワンやメディファス、サイエンスダイエット辺りの価格帯のエサを買っています。

トイレの砂は、大抵1袋500円くらいです。1カ月に2袋あれば足りるでしょう。

様々なタイプがあるので、使い比べて見ると良いでしょう。

created by Rinker
ニャンとも清潔トイレ
¥574 (2020/07/09 10:19:54時点 Amazon調べ-詳細)

医療費って、どれくらいかかるの?

普段の生活では、それほどお金はかかりません。

ですが、病気になった時は大変です。

動物の医療費は、人間と比べると驚くほど高いです。

具合が悪い時に、病院に連れて行ってあげられるどうか、きちんと考えておきましょう。

うちの猫達がお世話になっている病院は、ワクチン接種の費用が2匹目以降は割引されます。

病院によって色々特徴がありますので、何カ所か回って情報を集めてみましょう。

もしもの時のために、ペット保険に入っておく人も増えているようです。

うちは保険には入っていませんが、「猫ちゃん貯金箱」を作って毎月お金を溜めています。

最後に

猫を飼いたいと思った時に気になる、猫飼育に必要な初期費用のお話をいたしました。

工夫次第で、費用を抑える事も出来ますよ。

我が家では、寝床は段ボールで手作りしていますし(保温効果抜群)、玩具も手作りです。

赤ちゃん猫のトイレでしたら、100均一の小さなトレーでも大丈夫です。

ただ、エサ代は健康に関わることなので、あまりケチらないようにしましょう。

医療費は普段から少しずつ溜めておくか、ペット保険に入っておくと安心ですね。