ジェネッタと聞いて、どんな猫か思い浮かぶでしょうか?

まだ歴史があまりない猫ですので、知名度が低くイメージ出来ない人が殆どだと思います。

ジェネッタは、その模様がとても野生的でカッコイイです。その反面、体型は胴長短足で愛嬌たっぷり!

63ae9be6cdf32101ecd3ed90e77fe5a1_s_031019_101407_PM

性格的にも愛されキャラのジェネッタは、今後人気が高まっていきそうです。

今回は、そんなジェネッタについてご紹介していきたいと思います。

ジェネッタは、どうやって出来たの?

ジェネッタの歴史は浅く、2006年に作られたばかりの猫種です。

アフリカンジェネットという、アフリカに生息するジャコウネコ科の動物に似せて作られました。

アフリカンジェネットは、美しいスポット柄と胴長短足で尻尾が長いという特徴を持っています。

マンチカンとベンガルを交配させてジェネッタが作られました。

更に、サバンナとオリエンタルショートヘアを加えて繁殖させたブリーダーもいます。

イメージとしては、野生的な模様を持ったマンチカンという感じです。

稀に、足の長い子が産まれる事もあるそうです。その場合は、ベンガルにそっくりとのことです。

スポンサーリンク

外見的な特徴は?

ジェネッタの特徴は、被毛と体形にあります。

被毛は、短毛でスポット柄が特徴ですが、マーブル柄や雲柄になることもあるようです。

短足が特徴なため、肩の高さは10~20cm程度です。

足が長い子の場合は、普通のイエネコと同じくらいになります。

性格的な特徴は?

ジェネッタは優しい性格の猫と言えます。

活発でフレンドリーなので、飼い主と一緒に遊ぶのが大好きです。

同居の動物とも、仲良くしてくれるので飼い易いですよ。

飼い主にとてもよく懐くので、いつも猫と一緒に過ごしたいと思う人にとって、最高のパートナーになるでしょう。

ジェネッタは飼い主の近くで過ごすのが好きなので、膝の上で寝てくれたりもしますよ。

飼育上の注意点

ジェネッタは新しく出来た猫種なので、かかりやすい病気などの情報があまりありません。

ですが、マンチカンやベンガル、サバンナを交配させていることから、遺伝的な疾患がある可能性があります。

食事は、バランスの良いものを与えるようにしましょう。

市販のフードでOKですが、あまりにも安価なフードはおすすめ出来ません。

短毛なので、抜け毛のお手入れは頻繁にしなくても大丈夫です。

それでも、週に1回くらいはブラッシングをしてあげると良いでしょう。

最後に

まだ作りだされて間もない、ジェネッタという猫についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

アフリカンジェネットという動物をモデルに作りだされた猫、ジェネッタ。

野生的なスポット柄と、胴長短足の愛嬌たっぷりの体形が特徴です。

優しくてフレンドリーな性格なので、飼育しやすい猫だと言えるでしょう。

今はまだブリーダーから探すことになりますが、もっと人気が出ればペットショップで見かけるようになるかも知れませんね。