バレンタインデーにチョコをもらったら、ホワイトデーには何かお返しをしなければなりません。

最近は、バレンタインデーに女性がチョコをもらうこともありますから、ホワイトデーに女性がお返しする機会も増えてきていると思われます。

4731388c430ea6f9ef42a74765bbaaff_s_010317_021442_AM

しかし、ホワイトデーは、チョコをあげるという習慣が根付いているバレンタインと違い、あげるものが定まっていないのが少々厄介に感じられるかもしれません。

定番なのは、マシュマロ、クッキー、キャンディーですが、実はこれらをホワイトデーに渡すことには意味があるのです。

ここでは、ホワイトデーに渡すお菓子に込められた意味をご紹介します。

マシュマロに込められた意味

定番のマシュマロですが、「あなたが嫌い」という意味があるそうです。

ただ、これはそんなに有名な話ではありませんから、実際にそこまで考えてマシュマロを贈る人はあまりいないと思われます。

ですから、もし、あなたがマシュマロを贈られたとしても、あまり気にする必要はないでしょう。

また、マシュマロには「愛を包む」という意味があるとする説もあります。

恋人間でマシュマロが贈られる場合は、十中八九こちらの意味が込められていると考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

クッキーに込められた意味

クッキーには、「友達として好き」という意味があります。

義理チョコのお返しにはぴったりですね。

学校や職場の人に渡すなら、誤解を招かないようにクッキーを渡すのが良いでしょう。

また、本命チョコをもらったとしても、今後お付き合いする気持ちがないのなら、期待を持たせないためにもクッキーをお返しするのが無難です。

ただ、もしあなたが本命チョコのお返しにクッキーをもらったとしても、相手の気持ちをきちんと確認するまでは諦めないでください。

何故なら、クッキーにどのような意味があるのか、知らずに贈ってしまう人も多いからです。

キャンディーに込められた意味

キャンディーには、「あなたが好き」という意味があります。

本命の人には、キャンディーを渡しましょう。

ただ、本命の人相手にキャンディーだけではちょっと寂しいと思ってしまうかもしれません。

そのような場合は、小物や別のお菓子などとセットで渡してみてはいかがでしょうか?

最後に

ホワイトデーに贈るお菓子に込められた意味について、ご紹介しました。

すべてのお菓子に共通することですが、おそらく意味を知らずに贈ったり受け取ったりする人が多数派です。

マシュマロを贈られたからといって嫌われているとは限りませんし、キャンディーを贈られたからといって本命だと思ってくれているとは限りません。

誤解で関係がこじれることのないよう、大切なことは必ず言葉で伝えるようにしましょう。