浜辺に行くと貝殻や流木以外にも、色々な物が流れついています。

そういったものを拾い集めることを、ビーチコーミングと呼んでいます。

中でも人気なのが、シーグラス集め。

シーグラスとは、波で転がされ角が取れたガラスのことです。

s-0490_ビーチコーミング1_020920_084328_PM

シーグラスは、どこの海でも見つかるわけではないんです。

ここでは、神奈川県でシーグラスが見つかる場所を紹介いたします。

シーグラスって、どんなもの?

シーグラスは、波にもまれて角がと取れたガラスのことで、ビーチグラスとも呼ばれています。

透明感がなくなり、曇りガラスのようになっています。

様々な色がありますが、よくあるのが白や水色、茶色です。

珍しいのはオレンジや赤で、私はまだ見つけた事がありません。

濃いブルーは何度か見つけましたが、発見率が低いです。

シーグラスを集めてどうするの?

シーグラスは、そこに置いておくだけでも海を感じるインテリアになります。

私は小瓶に詰めて飾ったり、ワイヤーを絡めてペンダントやキーホルダーを作って楽しんでいます。

接着剤で透明なコップに貼り付け、中でキャンドルを灯すのも綺麗ですよ。

シーグラスを使った工作は、とてもお洒落な仕上がりになりますよ。

それでは、シーグラスが見つかる場所をご紹介します。

s-0490_ビーチコーミング2(立石海岸)_020920_084355_PM

立石海岸 (横須賀市)

神奈川の景勝50選に入っていて、素晴らしい風景が楽しめます。

海の透明度も高く、晴れている日には海の色がとても美しく見えますよ。

ビーチコーミングの人気スポットにもなっています。

シーグラスだけでなくメノウや石英など、色々な石も拾えるそうです。

私も何度か拾いに行きましたが、ここのシーグラスはとても滑らかな印象です。

サイズは小さいですが、角が取れて丸っこくなっていますよ。

立石バス停のすぐ近くです。

長浜海岸 (三浦市、横須賀市)

長浜(なはま)は、三浦市と横須賀市にまたがる海岸です。

バス通りから結構離れているため、訪れるのは地元の人が多いようです。

ここでも、シーグラスを拾う事が出来ますよ。

三戸浜海岸 (三浦市)

京急三崎口駅から、歩いて20分くらいの所にあります。

ここで拾えるシーグラスは、サイズが大きくてアクセサリーに向いています。

タカラガイも拾えますよ。

長者ヶ崎海岸 (横須賀市)

海水浴場として人気で、夏には海の家も建ち賑わっています。

角がしっかり取れたシーグラスが多いです。

小さいサイズなので、小瓶につめると可愛らしいですよ。

逗子駅からバスで20分、長者ヶ崎バス停下車です。

燈明堂海岸 (横須賀市)

横須賀市指定史跡の燈明堂跡があり、首切り場として知られている場所です。

地元の人が来るような、のんびりと過ごせる海です。

シーグラスがたくさん打ち上げられていて、首切り場というのを気にしなければおすすめの場所です。

燈明堂入り口バス停下車。海岸まで結構歩きます。

由比ヶ浜 (鎌倉市)

観光客も多く訪れる海で、長く広々とした浜辺が気持ち良いです。

シーグラスの数はあまり多くなく、その日によって拾える量が違うようです。

ですが、ヒトデや貝殻も拾えますよ。ピンク色のサクラガイは特に人気です。

最後に

神奈川県でシーグラスが取れる場所を紹介しましたが、いかがでしたか?

浜辺によって、拾えるサイズにも特徴があるようです。

また、同じ海に行っても拾える量に差があります。

実際私も「前回はたくさん拾えたのに、今回は数個しか拾えなかった」という事がありました。

それだけに、見つけた時の喜びは大きいです。

幸せな気分にさせてくれるシーグラス。あなたも見つけてみませんか?