眠らない街として知られるラスベガスは、カジノやショーをお目当てに、世界中から多くの人が訪れる大人気観光スポットです。

①ラスベガス_122416_125924_PM

特に人気のシーズンは夏。もともとラスベガスは砂漠なので、夏はとても暑いです。

ゆっくり起きて、お昼はホテルのプールで涼んだり、ショッピングを楽しんだりします。そして夜になるとカジノで勝負、といったスケジュールが定番です。

クリスマスシーズンのラスベガス

今回おすすめするのは、クリスマスシーズンのラスベガスです。

②ラスベガス_122416_010018_PM

ホテルやショッピングセンター、どこへ行っても巨大なツリーやリースがあり、クリスマスの装飾で彩られ、さらに夜にはイルミネーションが光輝き、幻想的でロマンテックな街を楽しむことができます。

各ホテル、それぞれ特徴のあるクリスマス装飾を見学するだけでも十分楽しめますが、無料のショーやライブもクリスマス仕様になります。

有名なベラージオの噴水ショーをはじめ、ミラージュホテルの火山のショー、子どもたちに大人気のホテルサーカス・サーカスの空中ブランコやアクロバットショーは一見の価値ありです。

大人気のショーを見よう

もう一つ、夏に比べると観光客が減るので、人気の有料ショーのチケットが入手しやすくなります。

③ラスベガス_122416_010107_PM

特に大人気のシルク・ドゥ・ソレイユのショー「オー」や「カー」は平日であれば、当日でもチケットが残っていることもあります。ラスベガスでしか見ることのできない世界最高峰のエンターテイメント、観ずに帰るのはもったいないです。

ただ、観光客が減る分、公演回数が減るショーや休演になる場合もあるので、事前に公演スケジュールの確認が必要です。

防寒対策・安全対策をしっかりと

屋外で行われる無料のショーもあり、夜に出歩くことも多いと思いますが、かなり冷えるので防寒対策はしっかり行いましょう。マフラー、手袋は必須です。

ただ、ホテルやレストラン、ショッピングセンターに入ると暖房がしっかり効いているので、コートは脱いだり、着たりしやすい物がいいでしょう。

ラスベガスは他のアメリカの街に比べて安全で、夜でも安心して出歩ける街ですが、夜は大通りから外れると安全とは言えません。人通りの少ない大通り以外の場所には行かないようにしましょう。

バッグはチャック付きの物にし、荷物を残して席を外すことはくれぐれもしないように。

最後に

ラスベガス=カジノというイメージがありますが、ギャンブルはちょっと、という方でも、子どもやお年寄りでも十分楽しめる観光スポットです。

④ラスベガス_122416_010207_PM

年末の予定が決まってないという方は、ロマンテックな街、ラスベガスで過ごしてみてはいかがでしょうか?

クリスマスシーズンのラスベガスはご家族、ご友人、恋人、誰と行っても楽しめること間違いありません。