独特な銀色の葉が特徴的な、オリーブの樹。

ホームセンターなどでも見かける、人気の果樹です。

f382c156ea28d10af2618aec34739f16_s_061619_015407_PM

オリーブの実は、自分で育てた場合でも収穫することが出来るんですよ。

ここでは、オリーブの特徴や栽培方法についてご紹介いたします。

オリーブって、どんな植物なの?

まずは、オリーブの特徴についてご紹介いたします。

オリーブは、モクセイ科オリーブ属に分類されている植物で、常緑高木です。

地中海を原産地としており、地中海料理に使われる事が多いです。

オリーブ栽培は、紀元前3000年頃からされていたと言われており、大変長い歴史があります。

樹高は5~7mになり、5~6月にクリーム色の花を咲かせます。

10~11月に、黒紫色の果実をつけます。

シンボルツリーや庭木として人気が高まってきています。

スポンサーリンク

オリーブは、やせた土地でも良く育つ

オリーブは地中海式気候に適した植物です。

雨が少なく温暖な土地が好きで、乾燥してやせている土地でもちゃんと育ってくれます。

耐寒性に優れていて、-12℃まで耐えます。

手間がかからず大変丈夫なので、シンボルツリーとして選ぶ人が多いようです。

果実の使い道、いろいろ

自宅でオリーブの果実を収穫したら、食用にしたり化粧品にしたり出来ますよ。

熟す前なら、ピクルスや塩漬けにすると良いでしょう。

塾したら、オリーブオイルや美容に利用することが出来ます。

created by Rinker
緑花木ネット
¥2,000 (2019/10/24 14:37:39時点 Amazon調べ-詳細)

オリーブの栽培のポイント

オリーブの果実を収穫したい場合は、2品種以上を植えなくてはなりません。

花粉は風で運ばれるので、人工授粉はしなくて大丈夫です。

品種によっては自家結実しますが、2品種以上植えた方がよく実がつくでしょう。

鉢植えの場合

オリーブを大きく育てたければ、大きい鉢にしましょう。

小さいままが良ければ、小さい鉢に植えましょう。

苗木より、ひと回り大きいくらいの鉢に植えると良いですよ。

庭植えの場合

日当りのよい場所に植えましょう。

苦土石灰を使い、pHを6.5~7.0にしておくと良いです。

手間のかからないオリーブですが、土づくりはとても大切!

鉢植えの場合は、オリーブ用に調整された培養土を利用すると良いでしょう。

植え付けの時期

苗を植えるのは、2~3月の寒さが緩んだ時が良いです。

苗木の根をほぐしてから植え付けます。

鉢植えの場合は、鉢底ネットに鉢底石を3cmくらい敷きましょう。

肥料の与え方

3月に元肥、6月に追肥、11月にお礼の肥料を与えましょう。

元肥は化成肥料と堆肥などの有機質肥料を使います。

摘果をしましょう

果実を大きく育てるために、余分な果実を摘みます。

1つの果実に8枚の葉くらいの割合になるように、実を減らすと良いでしょう。

剪定をしよう

2~3月に、剪定をします。

枝が子見合って風通しが悪くなるのを防ぐためです。

created by Rinker
千吉(Senkichi)
¥1,088 (2019/10/24 04:10:15時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

丈夫で果実も利用出来ることから、シンボルツリーとして人気が高まっているオリーブ。

今回は、そのオリーブの特徴や栽培ポイントをご紹介しました。

大切なのは土作りですので、苗を植える時には注意しましょう。

摘果や剪定も、適度に行うようにしていれば、オリーブは問題なく育ちます。

収穫した果実を潰せは、自家製のオリーブオイルを楽しむことが出来ますよ。