感想文と聞くと、小学生などで書いた読書感想文を思い出します。

小学生の子供がいる家庭では、夏休みの宿題に感想文があると思います。

6f154d9a74891eef9565aadd157b28e9_s_071917_122424_PM

はじめて感想文を書くことになった子供は、戸惑います。そして、親は感想文を書けるように、何かわかりやすく説明できないものかと悩んでしまうことがあります。

いつの時代にもある感想文についての知識を身につけて、今後の参考にしたいと思い、まとめてみました。

感想文の書き方

勉強が始まる小学生の頃は、「読書感想文」が多いです。

その後、大学などでは「感想レポート」、会社などでは報告書などでも広い意味で感想文と位置づけられます。感想文は、いつでも書く機会があると言えます。

書き方としては、まずは感想文で述べることを簡単に表します。その後、自分が感じたこととして、一番印象に残ったことと、全体を通して感じたことをまとめます。それから、自分が感じたことを書くことが必要になります。

感想文は、なぜそのように感じたのか?ということを、自分の体験や影響を受けた出来事などと絡めて書くことが必要です。そのため、自分の感じたことを上手くまとめて書けるかが重要になります。

スポンサーリンク

小学生の感想文

小学生での感想文は、読書感想文です。

学校で感想文の書き方を習っているとは言え、難しくて手がつけられないことが多いです。

読書感想文は、自分の興味を持つ本を選ぶことが必要になります。また、ページ数が多い本は選ばない方が楽になるので、はじめはページ数が少ないものを選ぶと良いでしょう。

選んだ本は、2回以上読むようにしてください。

1回目は読み進めて、2回目以降は、ふせんを用意して、印象に残ったところや、内容が変わるところなどに貼ります。

感想文のコツ

感想文は、難しいと感じる人が多いと思います。

そのため、後回しにしたいと思い、取り掛かるまでに時間がかかってしまいます。

しかし、書き方のコツを掴むと、がぜん書きやすくなります。

まずは、記事で紹介する要素を埋めるために、切り口を用意します。切り口とは、本を読んで発見したこと、読んだ本のオススメ点などのことです。

書き始めは、本を選んだ理由です。そのために、具体的な理由がわかるまで時間がかかっても必要な作業になります。

次は、あらすじを最小限に短く書きます。

そして、重要な感想を書きます。

感想に悩む時は、印象に残った言葉や、好きな場面、好きな人物、発見・感心したことなどを思い出します。

その時、子供には質問していくと答えることができます。

締めは、本を読む前と読んだ後での変化や、影響をもたらしたこと、オススメしたいポイントなどを書きます。

これも子供には質問形式で問うと回答がでてきます。

最後に

感想文を書く際には、どのように書くことが重要なのかということに、頭を悩ませてしまいます。

書きたい内容にたどり着くまでには、子供の場合は、大人の根気よい、質問などが必要になりますが、一緒に書き方を学んでいると思って付き合う時間を作って欲しいと思います。

感想文は、書く本人の感想が必要なので、他の人の言葉で書くことがないように注意してもらいたいと思います。