犬を飼っていると、顔を舐められる事は日常茶飯事だと思います。

愛情表現ですし、飼い主としては嬉しいことなのですが、ふと「お口、臭い」と感じることってないですか?

そんな愛犬の口臭ケアに、ヨーグルトが効果的という話があります。

2dae9496ca5334c8fac68a9e130c019c_s_091518_103348_PM

ヨーグルトが犬の健康に良いという話は、私も聞いたことがあるのですが本当なのでしょうか?

そもそも、犬にヨーグルトを与えても大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、犬とヨーグルトについて探っていきたいと思います。

犬にヨーグルトって、大丈夫?

牛乳でお腹を壊すワンちゃんって、いますよね。

それを考えると、ヨーグルトだってお腹を壊してしまうんじゃないかと思います。

ですが、意外とそうでもないんですよ。

牛乳の中には乳糖という成分があるあのですが、犬はこれをうまく消化吸収出来ません。そのため下痢になってしまうのです。乳糖不耐性と呼ばれている現象ですね。

ところがヨーグルトでは、乳酸菌によって乳糖の一部が分解されるそうなんです。

ですから、牛乳に比べてお腹に優しいと言えるのです。

ただ、ヨーグルトでもお腹を壊してしまう場合もありますので、様子を見ながら与える必要はあります。

アレルギーの有無の確認も大事ですね。

スポンサーリンク

ヨーグルトの健康効果は?

それでは、ヨーグルトによってもたらされる健康効果を、具体的にご紹介します。

腸内環境が良くなる

腸内環境が全身の健康に影響するという話、ご存知の方が多いと思います。

腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が存在しているのですが、善玉菌が多い方が良い環境と言えます。

この善玉菌の大好物が、乳酸菌!

ヨーグルトには、乳酸菌がたっぷり含まれていますので、腸内環境を整える働きが期待出来ます。

腸内環境が良くなると、免疫力が高まりますし、アレルギーを持っている場合は症状の改善にもつながります。

消化を助ける

ドッグフードではなく、お肉をメインに与えている場合は、消化不良を予防するためにヨーグルトが効果的です。

発酵食品のヨーグルトに含まれている酵素には、お腹の調子を整える働きがあります。

口臭ケアに効果発揮

犬の口のニオイが気になる飼い主さんは、少なくありません。

仕方がないと諦めていませんか?

ヨーグルトには、口臭を予防する働きもあるんです!

食事と一緒に与えても良いし、ヨーグルトを使って歯磨きをするのも効果的ですよ。

最後に

犬とヨーグルトについてお話をしてきましたが、参考になったでしょうか?

ヨーグルトは犬にとっても健康に良い食べ物なんですね。

とは言え、やはり大量に食べさせては体を壊します。

何事も「過ぎる」のは良くありませんので、量には注意をして下さいね。

また、与える場合は、無脂肪・無糖・低脂肪のものを選んでくださいね。