夏野菜の中でも、ひと際オシャレなズッキーニ。

最近では、一般の農家や家庭菜園でも手軽に栽培でき、食卓に上るのも増えてきたようですね。

ズッキーニ_071216_040814_PM

栽培しては見たけれど、買ってはみたけれど、あまり栄養の事までは知らないって人も多いでしょうし、スーパー等で見かけても、あまり馴染みもないし、スルーしてしまうって人も多いでしょう。

今回はそんなズッキーニについてまとめてみました。

ズッキーニについて

見た目は、キュウリのように緑色で細いものですが、実はカボチャの仲間なのです。

私は、ずっとキュウリの代用品だと思っていましたよ。

ところが、キュウリのようなみずみずしさはあまりないんですよね。

果肉は、ナスのような食感で炒め物など加熱料理に適していて、イタリアンやフレンチでよく登場しますよね。

ズッキーニの栄養価について

夏野菜としても知られるズッキーニなので、様々な栄養価が含まれています。

カボチャの仲間という事もあり、βカロチンが豊富で、油に溶けやすく、一緒に調理すると、そのまま栄養を摂る事ができるのです。

イタリア料理で有名なラタトゥイユは、オリーブオイルで他の夏野菜と炒めて煮るので、とても栄養価が高い料理ですね。

9eef9be23b43e0e107562cbd21cca9a4_s_071216_040913_PM

他には、ビタミン類や、カリウム、カルシウムが含まれています。

スポンサーリンク

効果・効能

ズッキーニの知られざる効果や効能について、代表的な栄養素のカロチンは、免疫力を高め皮膚や粘膜を強くしてくれるので、風邪予防に効果があります。

利尿効果のあるカリウムは、高血圧予防にむくみ防止に効果があるのです。

ビタミンBは、代謝を良くしてくれるので、アンチエイジングの効果が期待できますね。

また、ビタミンCは風邪予防に疲労回復効果があるので、夏バテ防止にも効果的です。

何と言っても他の夏野菜に比べて、低カロリーで低糖質なのでダイエットにも適しているのです。

野菜ならみんな低カロリー低糖質なのかというとそうでもないのですよ。

ちなみにズッキーニの糖質はキュウリが2だとすると1.5となります。

この夏は、他の低糖質夏野菜と一緒に、栄養も摂りながらの低糖質ダイエットはいかがでしょうか?

まとめ

世の中、様々な栄養食品やサプリメントがありますが、身近な野菜の栄養価を知り、自然な物から上手に摂取して健康な体を作りたいものですよね。

このお野菜にはこんな栄養価がある、効果を試してみよう等と、スーパー等でお買い物をするのが楽しくなってきますよ。