身近な健康食材、くるみ。

健康の為、と言う訳でもなくその食感や風味が好きで、パンやケーキにちょっと入っていると嬉しいし、おやつやおつまみにポリポリ食べるなんて方も多いはずです。

(ホームベーカリーで焼きたての美味しいくるみパンを作っています。興味のある方は、こちらの記事をご覧下さいね。)

ホームベーカリー選びと美味しいパン。らくらく美味しいホームベーカリー生活 | さっちがジャーナル

一方で、嫌いな訳でも無いけれど、ほとんど食べない方もいるようですね。

くるみが何となく身体に良いと言うのは知っているけれど、何に良いのか、どれ位食べたら良いのか、ちゃんとは知らない物かも知れません。

ですが、くるみの実力を知ると、これは食べない手は無い!と思うはずです。くるみの持つ栄養と効果、ぜひ知っておいて下さい。

ギュッとつまったくるみの栄養

くるみの歴史はとても古く、遡ると紀元前7000年頃にはすでに食されていたのではないかとされ、人類が口にした最初の木の実とも言われています。

無題クリップ_071116_063953_PM

くるみの持つ栄養や効果が注目される様になったのは近年ですが、昔の人は経験や実感から、そのパワーに気が付いていたんですね。

貴族の時代にも美容食と呼ばれ愛好されていた歴史があり、時代を超えて人々の健康に関わって来た事が分かります。

そんなくるみに含まれる栄養素は、タンパク質、食物繊維、葉酸、カルシウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛などなど…。

その辺のサプリメント顔負けの豊富な栄養素です。

加えて、くるみがすごいのはそのバランスです。

NuVal栄養評価システムという、食品評価表によると、くるみは100点満点中82点となっており、アーモンドやヒマワリの種、レーズンなどをはるかに上回る高得点。

様々な種類の栄養素をバランス良く含み、効率良く栄養補給出来る、くるみの優秀さを物語る点数です。

無題クリップ_071116_064014_PM

くるみで美味しく健康に

くるみが身体に良いのはなぜなのでしょうか。

その秘密は、くるみが持つオメガ3脂肪酸の含有量にあります。

アーモンドやカシューナッツなど、ナッツ類が良質な油を含み抗酸化作用を持っている事は、広く知られています。

ですが、くるみが群を抜いて優秀なのは、オメガ3脂肪酸。

このオメガ3脂肪酸、様々な生活習慣病を改善する救世主のような存在なんです。

その効果は、悪玉コレステロールの低下、善玉コレステロールの維持増加、中性脂肪の低下、認知症予防、動脈硬化の改善、脂肪肝の改善、アレルギー症状の改善などなど…。

コレステロール値を改善する事によって、心疾患のリスクも軽減出来るとの研究結果も出ているそうです。

美味しいだけじゃなく、こんなにも健康効果があるなんて!

健康診断の結果が思わしく無く、ガックリしている世の中のお父さん達に教えたいですね。

トクホのお茶や、サプリメントに走るのもいいけれど、くるみ、試してみて下さい!

スポンサードリンク

くるみで美味しく、そして美しく!

でもくるみって、カロリー高くない?と無知な私は思っていました。

確かに、くるみは100g673キロカロリーという、高エネルギー食品です。

ところが!くるみの持つカロリーというのは、普通のカロリーではありません。

そう、オメガ3脂肪酸です!オメガ3脂肪酸は、肝臓で熱に変わりやすく、蓄積しにくいので、太りにくいのです。

それどころか、くるみに含まれるリノール酸によって、エネルギー代謝を正常にしてくれるので、毎日食べるとダイエット効果が期待出来るとの事。食べてダイエットなんて、夢のようなお話です。

また、オメガ3脂肪酸の効果によって、血液が浄化され新陳代謝がアップしてくると、当然お肌はツヤツヤになってきます。

さらに、お肌の再生を助けるビタミンB、ビタミンE、ミネラルを多く含むため、疲れやストレスから来る肌荒れを食い止めてもくれるのです。本当に優秀ですね。

その上、くるみは不眠症改善にも効果があると言われています。

不眠症は、ストレスや生活習慣の乱れなどから、睡眠を誘発する脳内物質メラトニンの分泌がうまくいかない事で生じるとされています。

ところが、くるみを摂取すると、血中メラトニンが3倍に増加し、自然に睡眠を誘発する事が出来るのだそうです。

良質な睡眠が、美容の基本ですよね。

数個のくるみが、寝付きを助けてくれて、お肌の修復も、ダイエットもサポートしてくれるなんて、なんと素晴らしい万能食品なのでしょうか。驚くばかりです。

万能ナッツくるみ。でも食べ過ぎはNG!

美味しいし、太りにくいし、なんて優秀な食べ物!とは言え、食べ過ぎはもちろん良くありません。

高エネルギー食品ですから、食べ過ぎは当然肥満の原因になりますし、ニキビ、肌荒れ、過剰摂取による心不全などの心配も出て来てしまいます。

何事も、バランスが肝心。適度な量が、美容と健康の鍵なんですね。

くるみの適量は1日25g。

片手で軽く一つかみだそうです。

早速今日から、おやつや晩酌のお供をくるみに変えてみませんか?

一つかみのくるみが、ツヤツヤお肌と、サラサラ血液、そしてグッスリな睡眠を、手助けしてくれますよ。