春になると、日差しが強くなってきます。

日焼けの原因となる紫外線は、4月から9月の間が、非常に強いと言われています。

sIMG_2335_072618_073423_PM

夏には、ジリジリとした日差しが、肌に当たると痛く感じることもあります。

大人でもきついと感じる紫外線、肌の弱い赤ちゃんは紫外線により様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

紫外線は年々強くなってきています。

そこで、今回は、赤ちゃんの日焼け対策について調べてみました。

赤ちゃんの日焼け対策

日差しの強い時間帯の外出を避ける

1日の中で10時~14時までが非常に日差しが強いので、その時間を避けて外出しましょう。

曇りの日でも注意が必要です。

帽子やおくるみなどを使って日よけ

帽子やおくるみなどを使って、赤ちゃんに直射日光が当たらないようにしましょう。

私は、紫外線の強い時間帯での外出時、は抱っこ紐に日傘で出かけていました。

日焼け止めを塗る

ベビー用の日焼け止めを、こまめに塗ってあげましょう。

大人用の日焼け止めは、赤ちゃんにとって刺激が強いため、肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。また、赤ちゃん用の日焼け止めも肌に合わない場合がありますので、使用前のパッチテストをおすすめします。

室内や車内でも日焼けをするので、外出時だけではなく室内でも日焼け対策をしましょう。

スポンサーリンク

日焼けが赤ちゃんに与える影響

赤ちゃんの肌は、皮膚が薄く大人の3分の1、水分量は半分ほどしかありません。

そんなデリケートな赤ちゃんの肌に及ぼす影響をお伝えします。

sakachannnoashi_072618_073441_PM

悪い影響

日光に浴びることにより蕁麻疹、腫れ、かぶれなどの紫外線アレルギー(日光過敏症・日光性皮膚炎)を引き起こす場合があります。

また、幼い頃に紫外線を浴びすぎると大人になってから、皮膚がんや白内障などになるリスクが高まります。

良い影響

紫外線を浴びると皮膚でビタミンDが作られます。ビタミンDは骨の成長に欠かせないビタミンで丈夫な骨を作る働きがあります。

ビタミンDが不足すると、病気を引き起こす恐れがあります。

紫外線に対して悪いイメージを持たれている方が多いと思いますが、紫外線には悪い影響だけではなく、人間の発育に欠かすことのできない良い影響もあります。

全く紫外線に当たらないのではなく1日15分程度の日光浴をおすすめします。

日焼けをしてしまったら

どんなに日焼け対策をしていても、日焼けをしてしまった、ということはありませんか?

赤ちゃんが日焼けをした場合は、

  1. 水で濡らしたタオルを当てて冷やす。
  2. ベビークリームやベビーローションで保湿をする。
  3. 水分補給をしっかり行う。

日焼けにより湿疹や水ぶくれ、熱が続く場合は病院(皮膚科)を受診してください。

最後に

将来大きな病気にかからないためにも、赤ちゃんの頃からの日焼け対策は非常に大切です。

しかし、過剰になりすぎると別の病気を引き起こしてしまいます。

赤ちゃんが日焼けしない程度で適度な日光浴をし、健康的な体づくりをしましょう。

そして、自分や赤ちゃんにあった日焼け対策をし、赤ちゃんと楽しくお出かけをしましょう。