犬の鳴き声には、様々な感情が込められています。

甘えている時、怒っている時、警戒している時など、その時の気持ちによって声が変わるんです。

犬を飼っていると、犬の気持ちを知りたい時ってありますよね。

6a211f2be10aef454c77fc05d7fa81fe_s_103019_115956_AM

そんな時には鳴き声をよく聞いてみて下さい。

それでは、犬の鳴き声と気持ちについて、お話をしていきます。

鳴き声で気持ちを読み取る、4つのポイント

犬の鳴き声にはワンワンやキャンキャンなど数種類のパターンがあります。

それと併せて、声の調子でも感情を表現しています。

それが次の4つです。

  • 声の大きさ
  • 声のスピード
  • 声の長さ
  • 声の回数

それでは、具体的に鳴き声と気持ちの関係を見ていきましょう。

ワンワンと鳴く時

  • 高い声で「ワン!」と鳴くのは、嬉しい気持ちの時です。
    口元を見ると笑っているように見えることもあります。
  • 連続で「ワンワン」とテンポよく鳴くのは、遊びの最中など、楽しい気持ちになっている時です。
  • 低い声で「ワン」と鳴くのは、「やめて!」と言っています。
    低く連続で鳴き出したら警告の意味です。やめないと、攻撃に転じることでしょう。
  • 立て続けに「ワンワン」と吠えたてるのは、警戒している時です。耳を立て、周囲に気を配っています。
  • 短く鋭い「ワンワン」は、要求鳴きです。要求に負けると、鳴いて要求することを覚えてしまいます。
created by Rinker
ドギーマン
¥1,329 (2019/11/22 01:48:27時点 Amazon調べ-詳細)

キャンキャンと鳴く時

  • 高い声でキャンキャン鳴くのは、おねだりしている時です。要求に応えてしまうと、次第に声が大きくなる可能性があります。
  • 「キャン!」と甲高く1回鳴くのは、痛い時です。どこかにぶつかったとか、尻尾を踏まれた時など、ちょっとした痛みでも鳴きますが、一応、体の様子を見てあげてくださいね。
  • 「キャンキャン」、「キャーン」と悲鳴のような声を挙げ続けるは、相当強い痛みがある時です。
    深刻な状態かも知れないので、すぐに動物病院に行くことをおすすめします。

クーンと鳴く時

  • 力なく「クーン」と鳴くのは、不安を感じている時です。しっぽが足の間に巻きこまれていることでしょう。
  • 「クーン」と高い声で伸ばすのは、服従している気持ちを表しています。

クンクンと鳴く時

  • 甲高い「クンクン」という声は、甘えている時やおねだりしている時に出します。
  • 弱々しく「クンクン」と鳴くのは、不安やストレスを表しています。

ウーッと鳴く時

  • 前のめりの体勢になり、顔にしわを寄せて牙をむいている様子の時は、威嚇や攻撃のサインです。いつ噛みついてもおかしくない状態です。
    臨戦態勢をとっていなくても、ウーッと唸ったら警告の意味があるので注意しましょう。
  • 遊んでる最中に、楽しすぎて唸ることもあります。

最後に

犬の鳴き声別に気持ちをまとめてみましたが、いかがでしたか?

犬の気持ちを知る上で、大きなヒントとなるのが鳴き声です。

そして、鳴き声と一緒に見せる表情やしぐさにも注目してみましょう。

吠えている意味が分かれば、しつけに役立てることも出来ますね。

全身で気持ちを伝えようとしているのが分かると、より一層愛犬が愛おしくなることでしょう。