犬の種類はとても多く、毛の色や長さ、体の大きさも様々ですよね。

実は、大型犬は小型県に比べて寿命が短いと言われているんです。

3b014e60498236585265486ebba6fb35_s_111919_103704_AM

一体どうしてなのでしょうか?

ここでは、大型犬の寿命が短い理由についてご紹介いたします。

大型犬って、どんな犬のこと?

ジャパンケネルクラブ(JKC)という、日本の犬の品種設定などを行っている団体があるのですが、ここでは犬の大きさの分類は行っていません。

一般的に言うと、大型犬は体重が25kg以上の犬を指すようです。

ちなみに、小型犬は10kg未満で中型犬は25kg未満を指すことが多いです。

大型犬と言われる犬には、次のような種類があります。

秋田犬、ゴールデンレトリーバー、シェパード、シベリアンハスキー、ダルメシアン、ボルゾイ、ボクサー、グレートデンなど。

大型犬の寿命って、どれくらいなの?

平成27年に、ペットフード協会が行った調査では、中・大型犬の平均寿命は14.02才でした。

この数字には中型犬も含まれているだけでなく、大型犬の中でも体格の違いは色々あるので、細かい種類別に平均寿命を挙げてみます。

  • ラブラドールレトリーバー ・・・ 12~13才
  • シベリアンハスキー ・・・ 11~13才
  • グレートピレーニーズ ・・・ 10~12才
  • ドーベルマン ・・・ 10~11才
  • セントバーナード ・・・ 8~10才

特に体の大きなセントバーナードは、寿命が短めですね。

小型犬の平均寿命である、14.62才と比べると随分短いです。

大型犬が短命と言うのは、本当なのですね。

大型犬の平均寿命が短い理由は?

成長スピードに関係あり

大型犬と小型犬を、人間の年齢に換算して比べてみると、4才を過ぎると大型犬の方が早いペースで年を取っていくのが分かります。

どうして成長スピードに差があるのかは、まだハッキリ分かっていません。

一説では、体の大きな大型犬の方が、小型犬より細胞分裂が盛んであると考えられており、その分ガンになる確率も高まると言われています。

臓器の比率が違う

体に対する心臓などの大きさの割合が、大型犬の方が小さいそうです。

そのため、体への負担が大きいという考えもあります。

遺伝子が違う

IGF-1遺伝子による「IGF-1因子」という、成長ホルモンの一種があります。

このIGF-1因子によって、犬の体の大きさが決まっているとも言われています。

そして、この因子が多いほど寿命が短くなる傾向にあるそうです。

最後に

大型犬の平均寿命が短いのは、どうやら本当のようです。

そして、大型犬が小型犬に比べて平均寿命が短い理由は、まだハッキリ分かっていないようです。

いくつかの説がありますが、大型犬でも長生きする子はいます。

また、犬の平均寿命は伸びてきていますので、平均寿命にとらわれ過ぎず、明るい気持ちで接していきたいですね。