キュッと引き締まったボディ、重い物を簡単に持ち上げられるたくましい腕、他の人のそんな姿を見て羨ましいと思った事はきっと誰でもあることでしょう。

筋肉モリモリ!までいかなくても、筋肉がついていると代謝が上がって脂肪の燃焼を促進したり、年配の方は転倒予防にもなったり、プラスになることがとても多いです。

そんな筋肉を鍛えるために必要なのが筋トレです。

001_s_051220_114207_AM

鍛えても鍛えても細いまま…という人は炭水化物が足りていない可能性があります。

今回は、筋肉が増えるメカニズムと栄養面についてまとめてみました。

筋トレに必要なのはタンパク質だけじゃない

ササミ、ブロッコリー、プロテイン、ストイックなトレーニング…これで引き締まったボディの出来上がり!

というのは炭水化物を摂っていない間だけで、いつか体が炭水化物を欲したときに崩れてしまうかもしれません。

炭水化物というのは厳密にいうと糖質と食物繊維が合わさったものです。

炭水化物は脳にとって唯一のエネルギー源なので、摂らずに生活していると脳が危機的状況になることも考えられます。

そして、摂取した糖質のうち、すぐに消化吸収されずに筋肉や肝臓に蓄えられるグリコーゲン(ブドウ糖がたくさん結合したもの)があり、筋トレには筋肉に蓄えられる筋グリコーゲンが大切なのです。

炭水化物を摂らずに筋グリコーゲンが少ない状態で筋トレをすると、筋肉に必要なタンパク質がエネルギーとして使われてしまいます。

そして脳も炭水化物がないことで危機的状況と判断し、生命の維持のために筋肉を分解してタンパク質をエネルギーとして使ってしまいます。

炭水化物を摂らずに筋トレをしても、鍛えれば鍛えるほど筋肉が痩せ細っていってしまうのです。

いつ摂ればいい?

筋トレ前にたくさん食べると気分が悪くなってしまうので、運動する1時間ほど前に

  • バナナ 1~2本
  • おにぎり 1個
  • 果汁100%ジュース 200~250ml

のような、胃に負担をかけることなく、消化吸収が早いものを摂っておくといいですよ。

また、運動後は足りなくなったエネルギーを補うために普段の2〜3倍の早さで糖質を吸収するといわれています。人間の体ってすごいですね。

運動直後に食べるのはちょっと…ということもあるかもしれないので、小さめのおにぎりを何個か用意しておくとパクッと食べやすいのでおすすめです。

だいたい70~100gくらい摂ると筋肉アップにつながるそうですよ。

ただ、激しい運動で筋肉を休ませてあげたい場合は、タンパク質も一緒に採れる食事をしてもいいですね。


注意点

何においてもやり過ぎは禁物です。

食べ過ぎは肥満につながりますし、ストイックになりすぎて家族との団らんの時間を台無しにしてしまっては寂しいですよね。

食事は楽しく、バランスを重視しておいしくいただきましょう。

心身ともに健やかに過ごせることが健康の第一歩です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

炭水化物を摂ることがいかに大切かということは、特に「炭水化物を抜けば簡単に痩せられる」と炭水化物抜きダイエットをしている人に知ってもらいたいと思っています。

代謝アップ、脂肪燃焼、引き締まった体づくりに大いに活躍してくれる炭水化物、健康美を手に入れるためにバランスよく摂っていきたいですね。