一度お肌にできてしまうと、なかなか消えない「シミ」。

シミ予備軍が出来てしまう前に、シミ対策を行いましょう。

41db0df76654e26b9d496d11e78d05a8_s_092418_015708_PM

今回は、シミについてまとめてみました。

シミの種類

シミには、いくつか種類があることを、ご存知でしょうか?

老人性色素斑

老人性色素斑は、紫外線の原因によるシミです。

頬骨や、こめかみなどに出来やすい、丸い色素斑です。

肝班

30~40代の女性によく見られるシミで、頬骨や鼻下、額など左右対称に出来るのが特徴です。

妊娠中やピルの服用中に出やすく、閉経すると消えるため女性ホルモンが関係していると考えられます。

ソバカス

ソバカスは、若い世代でも多く見られます。

小さな斑点のようなシミが特徴ですが、ソバカスは遺伝が原因です。

脂漏性角化症

手に出ることもある、イボ状に盛り上がったシミです。

炎症性色素沈着

ニキビ、やけど、化粧かぶれなどの炎症後に生じるシミのことです。

顔以外にも全身に出来ますが、時間の経過と共に薄くなります。

スポンサーリンク

シミの原因と治療法

シミにはたくさんの種類があり、シミによって原因や治療法が違います。

紫外線や女性ホルモン、遺伝など原因はさまざまです。

そこで、シミの中でも一番多いと言われる、老人性色素(日光性黒子)の対策をまとめてみました。

シミ(老人性色素斑)の原因

紫外線が原因で出来てしまうシミが、老人性色素斑のことを指します。

日光性黒子とも呼ばれ、40代前後に出来やすく、長年の紫外線によるダメージが原因です。

早い方では、20歳後半からあらわれる方もいらっしゃいます。

紫外線のダメージからお肌を守るために、メラニンが作られます。

日焼けして黒くなるのは、紫外線がお肌の奥深くの細胞を傷つけないように、メラニンが過剰に作られるからです。

時間の経過と共に、メラニン色素が排出され元のお肌に戻るのですが、紫外線を浴び続けた場合や加齢によりお肌のターンオーバーが上手くいかない場合に、過剰に作られたメラニンが排出出来ず、沈着しシミになります。

顔の他にも手の甲や背中、デコルテなどにもあらわれます。

一度出来てしまうと、消すのは大変です。シミ予備軍が出来てしまう前に、対策を行いましょう。

シミ(老人性色素斑)の対策 (紫外線対策)

シミ対策として一番大切なのは、日焼けをしないことです。

日焼け止めや日傘、帽子などでしっかりと紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線が強く降り注ぐ午前10時~午後2時の間の時間帯は、なるべく外出を控えてください。

紫外線にはUVA(A波)とUVB(B波)があり、地上に降り注ぐ大半を占めているUVA(A波)は、雲や窓ガラスを通り抜け肌にダメージを与えます。

また、このUVA(A波)は肌の奥深くまでダメージを与えるので、室内でも油断出来ません。

シミ(老人性色素斑)の治療法

シミを悪化させないためには、紫外線対策は有効的です。

でも、もしシミが出来てしまった場合、初期段階での治療をおすすめします。

レーザー治療

集中的に治療するため、高い効果が期待出来ます。

治療後かさぶたが出来、その後自然に治癒していきます。

光治療

広範囲の治療が可能で、治療によるかさぶたが出来にくいのが特徴です。

レーザー治療と比べ効き目が弱いため、数回の治療を受ける必要があります。

外用薬(ハイドロキノン)

漂白作用があり、新しいシミを作らない働きがあります。

副作用として、肌の色素が抜けてしまう白斑の症状が起こる場合がありますので、使用する際は十分注意してください。

外用薬(トレチノイン)

ターンオーバーを促進する、働きがあります。

成分が強いため、赤みが出ることもありますので使用する際は注意が必要です。

最後に

シミが出来るだけで、実年齢よりも老けて見られます。

紫外線対策はシミだけではなく、シワ・たるみにも効果的です。

治療でシミを除去することが可能な時代ですが、時間や費用がかかってしまいます。

シミを作らないためにも、日頃から紫外線対策を心がけましょう。