オレンジ色のコロッとした実をつけるキンカンは、見た目が可愛らしく庭木として人気があります。

甘味があり、そのまま食べる事も出来ますし、ジャムや砂糖漬けなどにも向いています。

1ceaf4682b2a0a28fb3128690ff427a6_s_112619_113922_AM

喉に良いので、庭にあれば風邪を引いた時にも重宝します。

今回は、キンカンという植物の特徴と育て方についてご紹介いたします。

キンカンってどんな植物なの?

ミカン科キンカン属に分類される、常緑低木のことを指します。

原産地は長江流域(中国)。

色々な種類がありますが、生で食べて美味しいのは、ネイハキンカン、マルキンカン、ナガキンカンです。

耐寒性が強く害虫病の心配も少なく、栽培難易度が低いことから庭木として人気があります。

皮ごと生で食べたり、甘露煮にしたりして昔から親しまれてきました。

ビタミンCが豊富で、免疫力アップの効果があります。

キンカンの植え付け方

地植えの場合(3月)

日当り、風通し、水はけの良い場所を選んで植え付けましょう。

夏の西日や、冬の北風が当たりにくい場所が良いです。

少しくらいなら、日陰になっても大丈夫ですよ。

植え付ける前に、半日くらい苗木を水に浸しておきましょう。

直径40cm、深さ40cmの穴を掘っておきます。

掘った土の半量分の腐葉土を混ぜ、油かす、牛ふんを1kgくらいずつ混ぜます。

苗木の根を広げて穴の中央に植えます。

植え付けたら、高さ40cmくらいで切り戻し、支柱を立てておきましょう。

たっぷりと水やりをして完了です。

鉢植えの場合(3月)

庭植えとほとんど同じです。

7~10号の鉢に、市販の果樹用培養土で植え付けます。

鉢底石を敷いて、土を鉢の1/3くらい入れます。

苗の根を広げて置き、土を入れて植えます。

支柱を立てて、たっぷりと水をやりましょう。

1~2年に1回、一回り大きな鉢に植え替えをしていきます。

created by Rinker
¥1,320 (2020/10/23 16:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

水やりと肥料の与え方

水やり

鉢植えの場合は、乾いてからたっぷりと与えるようにします。

地植えは基本的に不要です。

肥料

植え付ける時に、緩効性肥料を混ぜます。

その後、7~9月と2~3月にも同じ肥料を株元にまきましょう。

剪定の方法は?

植え付けの年と、その翌年には、枝をそれぞれ1/3くらいの長さに切ります。

3年目以降からは、混み合った部分をカットするくらいで大丈夫です。

収穫はいつなの?

花が咲いた後、150日くらいすると収穫出来ます。

大体、11月下旬ごろです。

実が黄色からオレンジ色になって来たら、収穫のタイミングですよ。

最後に

ビタミンC豊富で冬の風邪予防に活躍するキンカンについて、特徴と育て方をご紹介しました。

食べて美味しいだけでなく、緑の少ない冬場に綺麗な葉を見せてくれるのも魅力です。

栽培難易度が低いので、何か育てたいと思っている初心者さんにもおすすめですよ。