2020年5月26日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

3130436_s_060120_093213_AM

今回は過去に放送された中から、マニアだから見つけることのできたTV初公開の映像が盛りだくさんの回をまとめた構成でした。

エメラルドハンターの世界

2018年7月3日放送。

40万キャラットのエメラルドを所有する男、清水雅弘さん。

清水さんが厳選した、レアなエメラルド5点を紹介。

さらに、コロンビアのエメラルドキングの姿を、世界で初めてTVカメラに納めた映像も!

数億年かけて作られた証、インクルージョンエメラルド

1億数千年前の水分を内包したまま結晶化し、原石の内部に水と気泡が入っています。

レアですが緑色が薄いため、お値段は100万円です。

宝石マニア垂涎の激レアエメラルド、トラピッチェ

トラピッチェとは、天然で6本の線が*状に入ったエメラルドのこと。

お値段は380万円、「爽やかです」「爽やかって何なんです」

爽やかとは、ためらうことなく買うことができる額、という意味だそうです(笑)。

世界一の品質を誇る鉱脈で産出、MUZOエメラルド

コロンビアのMUZO鉱山では、内容物がほとんどない透き通るようなエメラルドが採れます。

今回持ってきたのは、カットのバランスもいい大粒の逸品。

値段はなんと5000万円!

「バカヤロー!爽やかじゃねーよ!」とお怒りでした(笑)。

2度と採れない幻の宝石、レッドエメラルド

エメラルドやアクアマリンと同じ分類の宝石で、赤いものはレッドベリルです。

唯一採掘できたアメリカのワーワー山脈が閉山し、2度と採れないと言われています。

お値段は0.05キャラットでも500万円です!

大自然が生んだ奇跡の宝石 スターエメラルド

宝石業界に37年携わる清水さんでさえ、1度しか見たことがない超レアな宝石。

ジュエリーブランドのラ・レジョンが指輪に仕立てたその石は、光を当てると内包物によって6条の輝きが現れます。

お値段、1728万円。

マツコさんも試着して、その美しさを絶賛していました。

最後は、コロンビアの首都ボゴタの取材映像です。

清水さんは、140万キャラットを所有するエメラルドキング、ホルマン・カランサさんを訪ねます。

ハイクラスな番組を装って取材交渉し、撮影成功!

清水さんも、取引のために再び会う約束を交わすことができました。

ホルマン・カランサさんがTVカメラの前に姿を現すのは、世界初だそうです!

渋谷駅の世界

2016年1月12日放送の回です。

渋谷駅を18年間研究し続ける大学准教授、田村圭介さん。

渋谷駅の過去・未来を、精巧で巨大な模型とともに紹介してくれました。

田村さんが渋谷駅が世界遺産になると主張する理由

地上3階から地下5階まで、ツギハギに階段でつながる渋谷駅。

田村さん自作の1/100サイズの渋谷駅構内模型を見ると、まるで立体迷路のようです。

さらに、渋谷駅の地上と地下1階の間あたりに、暗渠化された渋谷川が流れているという、カオスな状態。

マツコさんは渋谷駅そのものより模型を作った田村さんの方に、「狂気性を感じる」とおどろきます(笑)。

おどろき!渋谷駅の過去

1885年から2013年までの模型で、渋谷駅の過去をわかりやすく解説!

渋谷駅再開発を知り尽くしたマツコさんでさえ知らない、おどろきの成り立ちでした。

1880年、渋谷川と宇田川が合流する土地に、谷があった。

1885年、山手線開通。今の渋谷駅より300mほど南だった。

1920年、玉川鉄道が開通、山手線と玉川鉄道がクロスする場所に駅を移動。

1938年、東横線、井の頭線、銀座線が開通。関東大震災で人口が流入し、一気に栄える。

1960年、オリンピックで東急などの駅ビルがほぼ完成。

進化し続ける渋谷駅の未来

2018年渋谷ストリーム、2019年渋谷スクランブルスクエア、2019年渋谷フクラスと、次々と新ビルがオープン。

2023年には桜丘口の再開発も完成予定です。

どんどん変わる渋谷ですが、道玄坂周辺のカオスは残ってほしいというマツコさん。

「ここに〇〇がいっぱいある」と、放送禁止用語を使って説明していました(笑)。

落とし物の世界

2020年1月3日放送。

15歳で鮮烈デビュー、今は世界で活躍するシンガーソングライターの宇多田ヒカルさん。

作詞するときは歩くという宇多田さんは、気がつくとTwitterやInstagramが落とし物画像で埋まってしまう、落とし物マニアでした。

落とし物の話以外にも、デビュー作PVのマル秘話や、母・藤圭子さんとのエピソードなど、TV初披露のエピソード満載の回です!

デビュー作Automatic、PVマル秘話

宇多田さんの記憶では、セットの幅がなく、立ち上がってカメラが引くと横が見切れてしまう、しかしずっと座っているのも…と思い、中腰で動きをつけたためにできたPVなのだそう。

ロンドン、子育て話

ロンドン在住の宇多田さん。

息子の友だちのママが開いたハロウィンパーティーに出席したあと、小さなコンサート会場に落ちていた天使の羽を撮影しました。

ママ友付き合いがあると知り「そういうこともやってんのね」と、マツコさん。

そこから、息子さんの話に。

「子供、血引いてる?」「そうですね、すごく」

「すごいのよ、藤圭子から宇多田ヒカルっているのがすごい!」と、藤圭子ファンのマツコさんが興奮します。

藤圭子さんは宇多田さんのことを「ヒカルの声はいいから」と、歌う方向にプッシュしていたそう。

「娘がすごいの!」と、徹子の部屋で宇多田さんの音源を流したこともあるそうです。

写真撮影以外の落とし物の楽しみ方

落とした人のことを想像するのも、また面白いのだそう。

2014年1月12日、パリ。

ビルの凹みに詰め込まれるように落ちていた女の子の人形は、下を向いていて、宇多田さんは「落とされたことへの恨みが…」と想像します。

さらに2016年9月18日ロンドンの道端に落ちていた成人男性のズボン。

宇多田さんは「歩きながら脱ぎ捨てていった感じが…」と妄想しますが、マツコさんは「寝そべってたと思う!」と、妄想。

発想力の鋭さに、「落とし物の研究家になれますよ!」と宇多田さんが太鼓判を押していました(笑)。

最後に

さまざまなマニアが登場するマツコの知らない世界。

TV初公開という映像も多く、実はものすごい番組なのでは!?と、感心する回でした!