大晦日は、1年で最後の日です。大晦日の意味を、分かっている人はどのくらいいるでしょうか?

意味を知っていると、大晦日に過ごす日を改める事が出来ます。

3fbef3f9353b0229dee14d44b85bd2a3_s_120519_093712_AM

また大晦日は様々な行事が行われて、主婦の人は忙しいという可能性はあります。

大晦日の意味や、行事やどのように過ごすか等をまとめてみました。

大晦日の意味とは?

大晦日と言えば、12月31日の日の事です。でも「どうして大晦日と言うのだろう」と改めて考える人は少ないという事は考えられます。意味が気になるので、見てみます。

旧暦の時、12月は必ず31日という事ではなく、30日や29日だったことがあります。

12月は、最後の日を「晦日(みそか)」と言い30日を意味しています。

旧暦では1月は新月・15日は満月であり、満月を境に月末に向かって月はだんだんと欠けて見えなくなります。月の満ち欠けは変動し、旧暦では月末が29日になることもあります。その場合は、「晦日」の他に「九日晦日(ここのかみそか)」と呼ばれている事もあります。

新暦になると月の満ち欠けは関係なくなり、月末を「晦日」と言います。12月の晦日は1年の終わりという意味で、31日を「大晦日」と呼ぶようになります。

30日は旧暦で新月ですが、真っ暗で見えない事から「月がこもる」と言いその後「つごもり」と呼ばれます。31日は12月の最後の日ということで、「おおつごもり」と呼ばれています。

大晦日の行事は?

大晦日というと、家の大掃除は必要不可欠です。12月13日は、「正月事始め」と言われています。「神様をお迎える為の準備を始める日」とされていて、この日から大掃除に取り掛かります。

ただし、29日は「9」という数字が「苦」に繋がる事から縁起が悪いとされ「掃除をしてはいけない」と言われています。また大晦日にお正月飾りをするのは、「一夜飾り」と言います。「神様に失礼にあたる」と言われているので、大晦日の前日の30日に終わらせるのが良いという可能性があります。

その年最後の掃き掃除の事を「掃き納め」と呼びますが、元日に掃除をすると神様を掃きだすという事で、「新年には掃除をしない」と言われています。

確かに大掃除は大晦日までに終わらせるようにしているので、「そのような言い伝えがあった」という事は考えられます。

今は年末の大掃除というと、早い人は11月頃から少しずつ掃除を始める人がいます。

そして大晦日には、「大掃除が終わっている」という可能性もあります。大掃除は、早く終わらせると気持ちも違うので少しでも早く終わらせるのは良いです。

大晦日の夜にお風呂に入る事を「年の湯」と言います。しっかりと1年の垢を落として、気持ちよく新年を迎えるという事です。

昔は毎日お風呂に入れなかったので、それが理由だという事は考えられます。今は毎日入る人が殆どなので、あまり気にしないという可能性はあります。

大晦日になると「年越しそばを」食べますが、江戸時代から始まったと言われています。別名は、「つごもりそば」や「三十日そば」と呼ばれています。

蕎麦が、細く長い見た目から「長寿」や「健康」を願って食べられるようになっています。

また、「家族の縁が長く続くように」という願いも込められています。大晦日に、家族みんなで食べるのは会話も増えますし良いという事は考えられます。蕎麦の麺は、切れやすい事から「1年の災厄を断ち切る」という意味もあります。

大晦日はどのように過ごす?

大晦日では、どのように過ごす人が多いでしょうか?気になるので、見てみます。

大晦日は家族みんなで過ごしますが、1人暮らしをしている人は帰省する人が多いです。

また結婚している人も帰省して、親戚の人達等が大勢集まりみんなで楽しみます。

結婚している人は、自分の実家ではなくご主人や奥さん側の実家に帰省するという事は考えられます。ゆっくり過ごせない人もいますが、逆にご両親の方がテキバキと動いているという可能性はあります。

大晦日といえば、「カウントダウン」のイベントも様々な所で開催されています。友達同士やカップルで行ったり、家族みんなで行く人達もいるので楽しむ事が出来て嬉しいという可能性はあります。

旅行に行く人もいますが、大晦日に旅行先で過ごすというのは普段と違い格別な事です。

カップルで行くと、いつもとは違う相手の良い所が見えるという可能性があります。

逆に喧嘩をしてしまうという事もあるので、旅行中はお互いに気を付けるという事は必要です。

ご夫婦で行くと、奥さんは家事をしなくていいのでゆっくり食事をして温泉に入れます。

ご主人は奥さん孝行が出来るので、株が上がり喜ばれるという事は考えられます。

お子さんが一緒だと、奥さんはお子さんの世話もあります。大変ですが、せっかくの大晦日なのでやはり家族みんなで旅行に行きたいです。

「ご夫婦2人での旅行」も良いですが、それはまた別の機会に行くと良いという事は考えられます。

みんなで行くと、楽しいので心が高ぶって嬉しい気持ちになるという可能性はあります。

最後に

大晦日の意味や、どのように過ごすのか分かりました。大晦日での大切な行事も分かり、その行事をこなしていくと良いという事も考えられます。

大切な行事ですが、どれも今は当たり前の様に大晦日に行っています。縁起が悪いから、「この日にはしてはいけない」という事もあります。ご両親と良く話す人は聞いていると思いますが、あまり話さない人等は知らない人が多いという可能性もあります。

娘さんならお母さんに聞き、結婚してまた「その行事を行う」という事は考えられます。

聞いている時は、「少し面倒だな」と感じていても覚えていると忘れないです。

結婚した時に、相手のご両親に良く思われるので嬉しいです。その時に、お母さんに感謝するという可能性もあります。

大晦日の過ごし方も、どのように過ごしても「誰と一緒にいるか」という事が大事という可能性もあります。

1年の最後の日なので、友達同士やカップル・ご夫婦・家族みんなで楽しく過ごすと良いという事は考えられます。