ピグミーマーモセットというのは、世界で2番目に小さなサルです。

手のひらサイズのサルで、知能がとても高いです。

一時期ペットとして話題になりましたが、今は入手困難な状況にあります。

3504132_s_061920_124908_PM

それでも、その魅力に取りつかれ飼育をしている人達がいます。

あなたがもし飼育を考えている場合、一度飼育方法をチェックしてみましょう。

ここでは、ピグミーマーモセットの飼育に必要な道具などを紹介していきます。

飼育に必要な道具って何?

ピグミーマーモセットを飼育する際に、用意する道具を挙げていきますね。

ケージ

しっかり動き回れるスペースを用意してあげましょう。

高さは1~1.5mくらいが理想です。

ケージのある部屋は、室温25~27℃を維持するようにしてくださいね。

生後1年を過ぎれば、少しくらい低くても大丈夫です。

止まり木

野生では樹上で暮らしているので、ケージ内には止まり木を設置して下さいね。

齧っても良いように、丈夫な木にしましょう。

止まり木の位置は、サルが天井を掴めないくらいの高さにしましょう。

バスキングライト

冬など寒い時には、暖かい場所を作るためにバスキングライトを設置しましょう。

ホットスポットを作る事で、自分で温度を調整することが出来ます。

餌入れ、水入れ

ピグミーマーモセットは、よく物を噛みます。

齧っても壊れないような、丈夫な物を選んでくださいね。

紫外線ライト

くる病を防ぐため、紫外線ライトは必ず用意してください。

くる病とは骨の病気で、骨が変形して足が曲がったりします。

子供と大人で、食べる物が違う

ピグミーマーモセットのエサは、成長に伴って変わっていきます。

生後3~4カ月

3~5時間ごとに、モンキーミルクを与える。

生後4カ月~

モンキーミルクと、離乳食を与える。

離乳食は、野菜や果物をすりつぶし、粉末状のフードに混ぜて作ります。

生後6カ月~

少しずつ、固形物に移行していきます。

10カ月目くらいで、大人と同じエサを食べられるようにします。

成体

栄養バランスの良い、モンキーフードを主食にしましょう。

副食として、野菜や果物もあげると良いでしょう。

1日2回与えますが、本来樹液を主食にしているので、固形物が吸収できない場合も。

栄養が摂れていないようなら、モンキーミルクを与えてみると良いでしょう。

時々ビタミン剤を与えるのも、おすすめです。

ピグミーマーモセットの性格

とても警戒心が強く、心を開いてくれるまで時間がかかる事もあります。

でも決して焦らず、無理に手に乗せたりしないでくださいね。

近すぎず、遠すぎない距離を保ちながら、信頼関係を築いていきましょう。

金額はどれくらい?

ピグミーマーモセットは希少なため、高額で取引されています。

1匹50万円以上しますが、臆病な動物なので2匹セットで売られていることが多いです。

2匹購入すれば、当然金額は倍になります。

最後に

ピグミーマーモセットはとても小さく、知能が高いサルです。

その仕草や表情は可愛らしく、ネット上でも癒しの動画をたくさん見かけます。

入手困難で、かなりの高額で取引きされています。

臆病なので、扱いに困る事もあるでしょう。

色々な面で気軽に飼える動物ではないですが、信頼関係が築ければとても良いバートナーになってくれることでしょう。