猫のチャームポイントって、たくさんありますよね。

ヒゲも、その中の一つではないでしょうか。

猫によって色も長さも違いますし、大きくカールしたヒゲなどもあり、なかなか個性的です。

もっとよく見ると、そのヒゲ、横にピーンと伸びてるだけではないんです。

s-ひげ_121819_113506_AM

実に様々な角度に動いています。

もしかしたら、猫の気持ちと何か関係があるのでしょうか?

ここでは、猫のヒゲと気持ちの関係についてお話をしていきます。

猫のヒゲの種類と役割

猫のヒゲは口元以外にもたくさんあるんですよ。

眉上毛、頬骨毛、上唇毛、下唇毛、口角毛、足の毛が、そうです。

この内、最も目立つ上唇毛は、24本くらいあるそうです。

そしてこれらのヒゲは、平衡感覚を維持したり、隙間を通る時に幅を確認したりします。

また、空気の流れによって物体との距離を把握することも出来るんです。

とても高度なセンサーとなっているんですね。

そんな猫のヒゲには、精神状態も表れているそうですよ。

ヒゲと気持ちの関係について、まとめてみました。

created by Rinker
ニャンとも清潔トイレ
¥990 (2020/09/25 18:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

ヒゲが上を向いている

嬉しかったり楽しかったりした時に気分が高揚すると、ヒゲが上を向きます。

オヤツをもらう時や、ほめてもらった時などです。

根元から上がっていて、いかにも上機嫌といった感じがします。

同時に尻尾も立てている時は、飼い主に甘えたい気分です。

ヒゲが下がっている

逆に、ヒゲが下を向いている時もあります。

それは、猫がリラックスをしていることを表しています。

安心している時や睡眠中は、ヒゲを垂らしています。

また、退屈な時にもヒげを垂らしています。

ヒゲを下げたままウロウロしていたら、遊んであげると喜びますよ。

横に張っている

ヒゲが開き、横にピンと伸びている場合は、警戒しているサインです。

周囲の状況に対し、最大限の注意を払っている状態です。

センサー(ヒゲ)を研ぎ澄まして、わずかな情報も得ようとしています。

機嫌が良いとは言えない状態ですので、そっとしておく方が良いかも知れませんね。

ヒゲが前に向いている

猫のヒゲって、前に向かって伸びている時があるんですよ。

そんな時は、ワクワクしていたり遊びたい気持ちになっています。

遊んでいる最中は、ヒゲが前を向いていることが多いですよ。

ヒゲが後ろを向いている

後ろに向いたヒゲは、恐怖や警戒を表しています。

大きな音でビックリした時など、ヒゲが後ろに向けていたら怖がっているということです。

ただし、食事の時にヒゲを後ろに向けるのは、ヒゲが汚れないようにするためです。

最後に

猫のヒゲと気持ちの関係についてお話をしましたが、いかがでしたか?

いつも同じように見える猫のヒゲも、よく見ると色々な動きをしています。

その動きは、愛猫の精神状態を知る手掛かりになります。

猫の顔を見る時にヒゲに注目してみるのも、面白いかも知れませんね。