丸くてフワフワして、とても愛らしい生き物であるハムスターは、ペットとして大人気です。

ペットショップに行くと、色々な種類のハムスターを見る事が出来るでしょう。

そして、気に入った子がいたら飼ってみたいと思うことでしょう。

ですが、実際に飼ってみた人からは「なかなか懐いてくれない」、「噛まれてしまった」などという声も少なくありません。

afc21d4239da46f424665ea236a81797_s_101719_114033_AM

一方では、飼い主によく馴れて、手の平で寝てしまうハムスターもいます。

このような違いが現れるのには、何か理由があるのでしょうか?

せっかく家族に迎えたのですから、仲良くやっていきたいものですよね。

ここでは、ハムスターを上手に懐かせる方法をご紹介したいと思います。

懐きやすい種類と、懐きにくい種類がある

ハムスターには色々な種類がありますが、どの種類でも懐くわけではありません。

ペットショップでよく見かけるハムスターは、次の4種類だと思います。

  • ゴールデンハムスター
  • ジャンガリアンハムスター
  • ロボロシュスキーハムスター
  • キャンベルハムスター

この内、ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターがよく懐きます。

ロボロフスキーやキャンベルは、スキンシップをとるのが難しい種類です。

手に乗せて可愛がりたい場合には、ゴールデンかジャンガリアンを選びましょう。

もちろん個体差があるので、これらの種類でも懐きにくい子はいます。

ペットショップの店員さんに、性格を聞くと教えてくれますよ。

懐きやすそうなハムスターを選ぼう

ケージに手を入れた時に、隠れたり噛みついてくる子は警戒心が強く懐きにくいです。

その逆に、手に近づいて来たり、乗ってきたりする子は懐きやすいです。

ショップによっては手を近づけられない場合がありますので、顔を近づけるなどして確認すると良いでしょう。

また、性別によっての懐きにくさもあるようです。

メスの方がストレスに強い傾向があり、早く懐くと言われています。

created by Rinker
ジェックス
¥776 (2019/11/15 01:16:06時点 Amazon調べ-詳細)

ハムスターを懐かせるには、どうしたら良いの?

小動物は基本的に警戒心が強いです。

お迎えしたばかりのハムスターは、警戒心の塊だと思って下さい。

環境の変化により、大人しい子でも攻撃的になったりします。

一週間は、そっと見守るようにしましょう。

最低限のお世話はして、後は触らず遠くから眺めるくらいが良いでしょう。

隠れ家は絶対必要です。

おそらく、隠れ家に入ったきり姿を見せなくなると思いますが、最初はそういうものです。

環境に慣れてくると、次第に姿を見せてくれるようになります。

たまに、餌を食べる姿も見えるでしょう。

ですが、喜んで近くで騒いでしまってはいけません。

まだ、遠くから見守っていてくださいね。

巣箱から出る事に慣れ、人が近づいても大丈夫になって来たら、手の平に美味しい物を乗せて、ハムスターに近づけてみましょう。

手を止めて、ハムスターから近づいて来るのを待ちます。

もし逃げたり噛みついたら、まだ警戒している証拠です。

もう少し待つ必要があるでしょう。

この時、決して焦らないでくださいね。

懐かせるには最初が肝心で、人間の手は絶対に安全なものだ、という事を覚えさせなくてはなりません。

created by Rinker
ジェックス
¥785 (2019/11/15 01:16:07時点 Amazon調べ-詳細)

そっと抱き上げてみよう

人間の手に近づくことに慣れたら、いよいよ抱き上げてみましょう。

その時、下から抱えこむように抱き上げます。

絶対に上から掴もうとしないで下さいね。

ハムスターの天敵である猛禽類は上から襲ってくるため、本能的に恐怖を感じてしまうからです。

抱っこの時間を少しずつ長くしていくのですが、嫌がったらすぐにやめましょう。

created by Rinker
ナチュラルペットフーズ
¥446 (2019/11/15 01:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

ハムスターを懐かせる方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

私も何度かハムスターを飼いましたが、手の上でご飯を食べてくれる姿は本当に可愛いものです。

ケージを掃除中に、肩の上で待っている子もいました。

ゴールデンやジャンガリアンはよく懐きますが、最初が肝心です。

人間の手に慣れるまでは、絶対に無理をしないで下さいね。

ハムスターが「人間の手は安全だ」と思ってくれるまでの辛抱です。

その期間には個体差がありますが、長引いても焦りは禁物です。

根気強く接することがポイントです。