あなたは、温泉が好きですか?好きな人は、多いのではないでしょうか?でも、どうして好きなのでしょうか?

毎日、お風呂に入り湯船に浸かっています。

それでも、時間とお金を掛けて温泉に入ります。

318a5ccc9d51aedc895db7d69b807d85_s_030220_104110_AM

日本には沢山の温泉地があるので、温泉に行く人は多数います。

どうして人は温泉が好きなのか、まとめてみました。

温泉に入ると気持ちが楽になる

温泉に入ると人は、家事や仕事を忘れてゆっくりしたいかもしれないです。普段の生活を離れるので、気持ちも心も穏やかになりリラックスします。

温泉に入ると、どのように気持ちが楽になるのか見てみましょう。

温熱効果

温泉に入る事で、血のめぐりが良くなります。新鮮な血液が全身をめぐり、ドロドロの血液がサラサラに変わるという事も考えられます。

温泉は全身湯船に浸かりじっくりと温まるので、良いという可能性はあります。

温泉は蒸気で温められる為、半身浴等にも適していてしっかりと温まれば湯冷めをしにくいかもしれないです。

静水圧効果

温泉に入ると、思わず声を出して入る事があります。男性の方に多いかもしれませんが、もちろん女性の方もいる可能性はあります。

お腹やお尻が水圧で縮む為の静水圧によるもので、これは全身へ穏やかなマッサージ効果を生みだしているという事は考えられます。

むくみ解消に効果的で、女性には嬉しい可能性はあります。女性が温泉好きなのは、体が温泉に入るとむくみに良いと分かっているかもしれないです。

浮力効果

温泉の中では浮力がかかり、首までお湯に浸かった場合はお湯の中で体重が約10分の1になる可能性はあります。

体は全身が解放されて、ゆったりとリラックスした気持ちになるという事は考えられます。

温泉に入ると体に良い

温泉には、成分や沢山の泉質があるので良いという可能性はあります。

人によっては、「この温泉は、こういう泉質があるのでここに行こう」という人もいます。

温泉に入ると、どのように体に良いのか見てみます。

リラックス効果

温泉に入ると浮力の関係で体が軽くなる為、筋肉の緊張がほぐれてリラックス効果を導くという事も考えられます。

温度によっても変化があり、37度~40度の温かいお湯は副交感神経を刺激します。

また42度以上の熱めのお湯は、交感神経を刺激する為入浴後はすっきりとした気持ちになるかもしれないです。

疲労回復効果

体が温まると、全身の血行が促進され新陳代謝が高くなる可能性があります。体内の老廃物を促す事で、疲労回復に繋がるという事も考えられます。

温泉に入ると水圧で足などの圧がぐっと上がり、臓器などに空気を多く取り入れる為心臓もよく動いて血液が流れます。血行が促進される事により、血液循環が良くなり疲労回復効果が期待出来るという可能性もあります。

ストレス解消効果

温泉に入ると普段の生活から離れてゆっくり出来る為、ストレスから解放されるかもしれないです。普段はあまり気になりませんが、精神的疲労を回復する効果が期待出来る可能性はあります。

ゆっくりと時間をかけて入ると、ストレス解消効果が期待出来ます。普段は仕事で忙しい人も、毎日の家事に追われている主婦の人もたまには温泉に入ると良いという事も考えられます。


温泉の泉質を選んで入ろう

温泉に入る時に「どのような泉質があるだろう」と考えた事はありませんか?泉質により、お肌の効果が違うという可能性はあります。

どの泉質は、どういう効果があるか見てみます。

塩化物泉

塩化物泉は、海水の成分に似ているので舐めてみると塩辛いのが特徴です。温泉に入ると、塩分が肌に付くので汗の蒸発を防ぐ可能性はあります。

肌が冷めにくく、体を芯から温める為冷え性の人にオススメです。また入浴後は、お肌がしっとりして保湿効果に最適という事は考えられます。

二酸化炭素泉

二酸化炭素泉は、細かな気泡に全身が包まれる為炭酸ガスがお湯に溶け込んでいてぬるま湯が一般的です。血管を拡張する為、血のめぐりがスムーズになります。血液循環が良くなるので、温度が低くても温かくなるという事は考えられます。

リンパの流れも促進されるので、むくみ解消や老廃物の排出促進作用に最適という事は考えられます。

酸性泉

不要な角質を落としてくれるピーリング作用があり、肌のキメを整えてくすみ対策・美白効果に最適という可能性はあります。

しかし酸性度が高く刺激が強い事もある為、お肌の弱い人は気を付ける必要があるかもしれないです。

最後に

人はなぜ温泉が好きなのか、様々な理由があります。

リラックスしたい人や、普段の生活からのんびりしたい人・心や体をゆっくりしたい人等様々です。

それは男性・女性・年齢も問わずに、温泉に行きゆっくりしたいかもしれないです。

日帰りでも宿泊でもいいので、普段の生活を忘れて温泉に浸かると気持ちも心も変わります。たまには家族やご夫婦・カップルや、また一人でも良いので温泉に行くのは良いかもしれないです。

温泉が好きな理由は、「これ」という意味は無い可能性もあります。

気軽に温泉に行く事に、意味があるという事は考えられます。